女性に売れるホームページの秘訣/決め手は見た目の雰囲気! 「雰囲気」次第でテンションも下がる | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

女性に売れるホームページの秘訣/決め手は見た目の雰囲気! 「雰囲気」次第でテンションも下がる

2019.10.19 SAT

女性に売れるホームページの秘訣
決め手は見た目の雰囲気! 「雰囲気」次第でテンションも下がる


「女性が好むホームページって、どんなものなんだろう?」
「どうしたら女性のお客さんが反応してくれるのかわからない…」
「女性ならではの目線や感覚を知りたい」
本書は、そんな悩みや問題意識を持つ方、特にインターネット上で女性向けの商品やサービスを販売したり、ホームページを使って女性を集客したいと考えたりしている方に向けたものです。

>> 【01】見た目がすべて!? 女性は”トキメキ”を買う

>> 【02】決め手は見た目の雰囲気! 「雰囲気」次第でテンションも下がる(本記事)

>> 【03】「お買い物」スイッチを押すには? お客様の期待しているイメージを裏切らない

>> 【04】女性の興味を引き寄せるためには? 視覚的な情報でテンションを一気に上げる

>> 【05】満たしたいのは「物欲」ではない。女性は「自分を磨く」ために買う

>> 【06】女性が夢見る「世界観」をつくる ~「本当の気持ち」は裏腹、訪問する前に「本音」が隠されている

>> 【07】ライバルとの違いを探す。「強み」を作るのではなく「発見」する

>> 【08】売上をアップするのは何色? 「色」を好き嫌いで選ばない(10月25日公開予定)

>> 【09】色彩感覚の男女差 ~「色彩」で購買意欲を高める(11月1日公開予定)

>> 【10】購入前の不安を払拭するには? 「お客様の声」をリアルに伝える(11月8日公開予定)


 考えるヒント 

✔ 女性は「雰囲気」の違和感に敏感
なぜ、女性は「雰囲気」を重視するのか?
✔ 効果・効能ではなく世界観で差別化する
女性は、男性よりも視覚的な情報に敏感だと言われています。女性同士の日常会話で「チークの色変えた?」「そのアクセサリーかわいい」というようなやり取りをよく見聞きすると思いますが、あれは単に褒め合うことが目的の会話ではなく、女性は相手のちょっとした「雰囲気」の変化にも気づきやすいのです。

逆に言うと、女性は「雰囲気」のちょっとした違和感にも敏感に反応します。例えば、せっかく商品のパッケージや中身がかわいいのに、販売されているホームページの「雰囲気」に少しでもギャップがあると、「なんかちがう……」とテンションが下がってしまうのです。

ですから、商品が持つ「雰囲気」との統一感を意識してホームページを作らないと、ホームページを訪れたときに違和感を抱いたり、悪くするとちょっとした不信感につながったりして、お客様が購入を迷う原因になります

なぜ女性は、モノを購入するときにそこまで「雰囲気」を重視するのでしょうか? それは女性が商品を購入する決め手になるのが、その商品を自分の生活の中に取り入れることで味わえる「特別感」であり、商品を買うことで自分の生活をどんな風に「変えられるのか」だからです。

そうした女性心理を理解する例として「入浴剤」と「バスボム」を比較してみます。

「バスボム」というのは、お風呂に入れて泡や香りを楽しむ「入浴剤」の一種ですが、インターネットで「入浴剤」と「バスボム」をそれぞれ画像検索してみると、同じ用途の商品でも見た目の「雰囲気」がまったく違うものだとわかるでしょう図1。用途は同じでも、女性のお客様にとって「バスボム」は入浴剤ではないのです。
<span style="font-weight:bold;">図1 G o o g l eで「入浴剤」と「バスボム」をそれぞれ画像検索</span> 「入浴剤」(上)と「バスボム」(下)で、表示される画像は大きく異なる

図1 G o o g l eで「入浴剤」と「バスボム」をそれぞれ画像検索
「入浴剤」(上)と「バスボム」(下)で、表示される画像は大きく異なる


多くの女性にとって「入浴剤」は肩こり、疲労回復などの効果を期待して購入するものです。一方「バスボム」は贅沢でロマンチックなバスタイムを味わうために購入します。肩こりや疲労回復の解消というのは「現実的」な目的ですから、その目的を達成できそうかが商品購入の鍵になりますが、対して「バスボム」は贅沢でロマンチックなバスタイムという「非日常的」で特別な体験(時間)を提供してくれそうかが鍵になるのです。「バスボム」をお風呂に入れて優雅なバスタイムを味わうことで「女子力が上がる自分」を想像できるかどうか、がポイントです。

売れる商品になるかは「世界観」次第
今の世の中は商品も情報も溢れているため、効果の違いを出して商品の差別化をすることがますます難しくなってきています。そのため、商品力以外で違いを見せないとモノが売れない時代です。「世界観」を作り込んで、あなたの商品がどういう「特別な体験」を提供できるのか、お客様が想像できるようにしましょう。

商品とホームページが発する雰囲気が、同じ世界観でつながっていないとお客様は違和感を感じてしまいます。逆に世界観がしっかり作り込まれているほど、ターゲットとなるお客様に言葉で説明しなくても「ほかの商品とは違う」と一瞬で感じさせることができるのです。

 売れるホームページへの道 

女性に迷わず購入してもらうためには
ホームページの「雰囲気」が鍵になる

書籍で読むならこちら!
ネットで「女性」に売る2 「欲しい」を「即買い!」につなげるホームページの基本原則

著:こぼりあきこ
定価:本体1,500円+税 
A5判・192ページ

 試し読み 

紙の本で買う
Amazon.co.jp   楽天ブックス   ヨドバシ
電子書籍で買う
Amazon Kindle  honto   楽天kobo   ヨドバシ.com
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

10.07-10.13

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在