【美術館・博物館/2020年春の展覧会情報】建築倉庫ミュージアム「クラシックホテル展ー開かれ進化する伝統とその先ー」 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【美術館・博物館/2020年春の展覧会情報】建築倉庫ミュージアム「クラシックホテル展ー開かれ進化する伝統とその先ー」

2020.4.8 WED

【美術館・博物館/2020年春の展覧会情報】vol.4
ミュージアムで体感するクラシックホテルのこれまでとこれから

建築倉庫ミュージアム「クラシックホテル展ー開かれ進化する伝統とその先ー」
2020年春の展覧会情報。今回は、建築倉庫ミュージアム「クラシックホテル展ー開かれ進化する伝統とその先ー」を紹介します。見どころ、ライターが選んだ注目の作品、ガイドツアーなど、情報満載。ぜひ参考にしてみてくださいね。※最新の開館状況は公式サイトにて確認をお願いします※

●文:中村美枝(JAM SESSION)

Aya Kawachi

Aya Kawachi

建築文化の魅力発信を目的とした東京・東品川の「建築倉庫ミュージアム」。館内には模型倉庫と、それぞれ異なる企画展を定期的に行う展示室をふたつ備えている。

展示室Aで開催する本展は、“クラシックホテル”がテーマ。JR東京駅舎内にある「東京ステーションホテル」、横浜の「ホテルニューグランド」、箱根・宮ノ下温泉の「富士屋ホテル」など、日本のホテルの礎を築いた12のクラシックホテルを中心に、各ホテルの変遷をたどりながら、それぞれの建築空間で紡がれた“ものがたり”をクローズアップ。建築図面、写真、映像、言葉、グラフィックなどさまざまな角度からクラシックホテルの魅力を体感できる。新しい宿泊施設が続々と誕生する今だからこそ、100年を超えてもなお現役のクラシックホテルに注目を。

ライターが選んだ「クラシックホテル展ー開かれ進化する伝統とその先ー」注目の作品
Aya Kawachi

Aya Kawachi

フォトグラファー河内彩が、12のクラシックホテルの最新写真を本展のために撮り下ろし。ジョン・レノンもたびたび訪れていたという、1894年に軽井沢に開業した「万平ホテル」(写真)をはじめ、100年以上も稼働し続けるクラシックホテルの今を写真から感じてみたい。
Aya Kawachi

Aya Kawachi

展示室は、一周すると100年が体感できる構成。12のクラシックホテルが歩んできた歴史そしてこれからを、各ホテルに残された建築図面や写真など貴重な資料でたどる。ホテルで実際に使われている家具なども展示される。昔を偲びつつ、進化を続けるクラシックホテルの魅力を探ってみよう。

こちらもチェック!ガイドツアー&イベント
クラシックホテル展ガイドツアー

クラシックホテル展ガイドツアー

毎週木曜日15:00~15:45は、この企画展のチーフキュレーター・古後友梨による展覧会ガイドツアーを実施。当日入館した人は自由に参加できるので、クラシックホテル好きはもちろん、これから興味を深めたい初心者も、開催日にあわせて訪れてみたい。
香りと音を融合させたインスタレーション作品をはじめ、香りを用いた創作を続けるアーティスト和泉侃。2020年5月29日(金)~31日(日)は、彼自身が手がけるリーガロイヤルホテル(大阪)の香りを展示室で楽しめるほか、5月30日(土)15:00~16:00にはトークイベントを開催。※イベントの日程が3月から5月に変更となりました
※最新の開館状況は公式サイトにて確認をお願いします※

クラシックホテル展ー開かれ進化する伝統とその先ー

会期:~2020年5月31日(日)
開催時間:11:00~19:00(入館は閉館の1時間前まで)
休館日:月(祝の場合は翌休)
場所:建築倉庫ミュージアム 展示室A
問い合わせ先:HPの問い合わせフォームにて
観覧料:一般3,100円、大学生・専門学生2,000円、高校生以下1,000円 ※すべて展示室Bの観覧含む
https://archi-depot.com/exhibition/classic-hotel

三菱一号館美術館の「開館10周年記念 画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」や、東京国立近代美術館「ピーター・ドイグ展」など、春の展覧会の一覧ページはこちらから。

2020年の春は、アートを感じるお出かけを楽しもう。美術館&博物館の展覧会情報をはじめ、アートなお花見、とびきりおしゃれな写真が撮れるカメラ、旅のおともにしたいご朱印帳など、MdNならではの切り口で、情報を発信します!ぜひ参考にしてみてくださいね。特集はこちらから。
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

3.30-4.5

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在