発表内容を一挙紹介!「WWDC2020」まとめ速報、Arm版Mac、macOS Big Surなど | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

発表内容を一挙紹介!「WWDC2020」まとめ速報、Arm版Mac、macOS Big Surなど

2020.7.11 SAT

発表内容を一挙紹介!「WWDC2020」まとめ速報、Arm版Mac、macOS Big Surなど
Appleは6月23日(日本時間)、開発者向けカンファレンス「WWDC 2020」を開催した。
新型コロナウイルス感染症対策のため、今年はオンラインでの開催となった同カンファレンスでは、今秋にリリース予定のiOSやiPad OS、watchOS、macOSなどの最新版に追加される新機能や強化ポイントについて紹介するとともに、Arm版Macへの移行についても正式に発表した。以下、発表された内容の中から主なトピックを紹介する。
■iOS 14
・ホームスクリーンで自動的にアイコンを整理できるApp Library
・ウィジェット機能がホーム画面に統合
・ウィジェットをスワイプで切り替えられるスマートスタック
・ピクチャーインピクチャー機能を導入
・Siriにオーディオメッセージを入れることが可能に
・Siriで外国語の翻訳が可能に
・メッセージ機能の強化
・グループチャットでメンションを通知
・マップアプリでレコメンド情報が表示
・ナビ機能に自転車ルートの探索機能が追加
・電気自動車に対応したEV Routing機能
・CarPlayの壁紙が変更可能に
・iPhoneで自動車のロックを解除可能に、まずはBMWが対応
・NFCタグやQRコードなどをトリガーにアプリを起動させることが可能なApp Clips
■iPad OS 14
・サイドバーを使って写真のブラウズや整理が簡単に
・ツールバーが強化されてアプリの切り替えが簡単に
・音楽プレーヤーのデザインも刷新
・Siriを使っているときにアプリを使用可能
・電話着信の通知が全画面ではなく画面上に小さく表示されるように
・検索画面のデザインも一新
・手書き文字で描いたテキストでそのまま検索できるScribble
■AirPods
・接続するデバイスの切り替えがスムーズに
・AirPods Proがバーチャルサラウンドに対応
■watchOS 7
・ウォッチフェイスの共有が可能に
・マップアプリが自転車のナビゲーションに対応
・ワークアウトに「ダンス」など新メニューが追加
・「アクティビティ」アプリが「フィットネス」に名称変更
・睡眠トラッキング機能が追加
・新型コロナウイルス対策で手洗いを支援する機能が追加
■プライバシー対策
・位置情報などプライバシーに関わる情報を収集中であることを画面に明示
・どのような情報がトラッキングされたのかをApp Storeでも確認可能
■スマートホーム
・HomeKitのオープンソース化
・時間帯によって照明をコントロール可能
・玄関先に人が近付いてきた場合に写真アプリと照合して友人や家族が入ってきたことを通知
・Apple TV+の新作ドラマ「Foundation」の映像を初公開
■次期macOS
・名称はBig Sur
・アイコンなどのデザインを刷新
・メッセージ機能を強化
・マップデザインも変更、インドアマップが追加
・Safariの動作がさらに高速に
・タブ表示を改良
・Safariでプライバシートラッキングを可視化
・Safariに翻訳機能を搭載
■Arm版Macを正式発表
・ハイパフォーマンスで低電力なチップを目指したArm製の「Apple Silicon」へ移行
・すべてのApple製品が同じアーキテクチャーに
・Big SurはApple Siliconに対応
・Xcodeを使うことでApple Siliconに対応したアプリを開発可能
・マイクロソフトやアドビはすでにApple Siliconでネイティブ動作するアプリを開発
・iOS/iPad OSアプリがMac上で動作可能に
・A12Zを搭載した開発用のMac miniをデベロッパーに提供
・Arm版Macは年内に発売予定で、2年間かけて移行を行う
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

6.29-7.5

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在