【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】8月テーマ「意外と知らないiPhoneを使いこなすための便利テク」第1回 パスコード&Face ID | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】8月テーマ「意外と知らないiPhoneを使いこなすための便利テク」第1回 パスコード&Face ID

2020.9.22 TUE

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】
8月のテーマは「意外と知らないiPhoneを使いこなすための便利テク」
〜パスコード&Face ID 編〜
未知数の魅力であふれるiPhone。「まだまだ使いこなせていない」という人も多いのでは?そこで、“iPhone芸人”でおなじみのかじがや卓哉さんに、思わず「へー!」「便利!」「驚き!」な豆知識を教えてもらいます。

8月のテーマは「意外と知らないiPhoneを使いこなすための便利テク」。パスコード、コントロールセンター、iCloudなど、初心者はもちろん、ずっとiPhoneを愛用している人も必見の内容に。楽しくiPhoneを学びましょう!

●取材・文:沼田佳乃

8月に勉強するのは……
8/04:パスコード&Face ID

8/11:コントロールセンター
8/18:電話&留守番電話
8/25:iCloud

今回は「パスコード&Face ID」について学びます!
記念すべき第1回目は、設定に欠かせない「パスコード」と「Face ID」について教えてもらいます。パスコードというと4桁、6桁のイメージがありますが、実は好きな英数字を決められるそうなんです……。さらに、Face IDをスムーズに使う便利なワザも(ライターN)
複雑なパスコードを設定して、他人にロック解除されないように!
かじがやさん:iPhoneを購入したら、まず設定したいのがパスコード。iPhoneの電源を入れたり、スリープ解除したりするときに入力する必要のある文字列です。落としたときにも安心だし、自分以外の誰かから盗み見られにくくなります。

数字6桁が一般的ですが、それだと他人から推測されやすかったり、指の動きであっさりと読み取られてしまったりする可能性もあるので、ちょっと複雑に設定するのがおすすめ!設定は以下の通りです。
【1】iPhoneの[設定]>[Face IDとパスコード]を開く 【2】ロック解除のパスコードを入れる

【1】iPhoneの[設定]>[Face IDとパスコード]を開く
【2】ロック解除のパスコードを入れる

【3】[パスコードを変更]を選択する 【4】現在のパスコードを入れ、新規パスコードの設定画面を開く

【3】[パスコードを変更]を選択する
【4】現在のパスコードを入れ、新規パスコードの設定画面を開く

【5】下に表示された[パスコードオプション]を選択 【6】[カスタムの英数字コード]を選択、好きな文字列を登録する

【5】下に表示された[パスコードオプション]を選択
【6】[カスタムの英数字コード]を選択、好きな文字列を登録する

※画像はイメージです

※画像はイメージです

これで人から推測されにくい英数字コードを登録できます。しかも、このやり方で登録すると、入力の際にテンキーではなく文字入力のキーボードが出てくるため、指の動きで見抜かれるリスクもかなり低くなります。より強化したい場合は、キーボードのいずれかの文字を長押し、アクサンテギュなどの文字を登録する裏技も(画像参照)!長押しするとアクサンテギュなどが出てくる事自体あまり周知されていないので、セキュリティをさらに強化することができます。
ちなみに、パスコードは10回間違えるとiPhoneにロックがかかってしまい一生開かなくなってしまいます。そうなったときの対処法として、初期化をしゼロからやり直すしかありません。バックアップを取っていれば同期するだけで元の状態にほとんど復元できるので、日頃からiCloudかPCにバックアップを取っておきましょう。
Face IDは顔、Touch IDは指紋を何パターンか登録すると便利!
かじがやさん:ロック解除をスムーズにしてくれるFace IDとTouch IDについて、ほかの人でも開くんじゃないかと心配で登録していない人もいると思いますが、ぜひ活用しましょう。指紋は世界中を探して同じ人がいるかどうかのレベル、Face IDに至っては、写真ではなく、顔の凹凸を記憶し、3万点以上の顔の凹凸を全部認識しています。似たような顔だからといって解除されることはまずありません。しかも、毎回開けるたびに顔の形状を学習していくので、年齢による顔の変化も保存し更新。年月が経って開かなくなるという心配もないんです。
Face IDの設定を済ませると、もうひとつの容姿を設定することができる

Face IDの設定を済ませると、もうひとつの容姿を設定することができる

かじがやさん:もしFace IDで開きにくい場合は、[設定]>[Face IDとパスコード]>[もうひとつの容姿を設定]より、開かないときの自分の顔も登録しましょう。例えば、寝て起きたときに開かないのであれば、寝起きの顔を。夜開きにくいのなら、むくみやすい体質かもしれないので夜にもう一度。寝転びながら操作したときに開きにくいならその状態で……。NGが出やすい顔を登録しておくことで、開きにくいというトラブルを解消できます。

また、iPhone SE(第2世代)や8以前の機種に搭載されているTouch IDに関して。初期設定での指紋登録はひとつですが、最大で5パターンを登録できます。指紋認証だと開きにくいという人は、右手でよく使うなら、右の親指の上半分、下半分をそれぞれ登録しておくと、開きやすくなるのでやってみましょう。

今回はここまで!次回は「コントロールセンター」についてお届けします!
※掲載している情報は、2020年8月時点でのものとなります

かじがや卓哉
吉本興業所属。「家電製品総合アドバイザー」の資格を所有し、iPhone芸人、家電芸人として知られる。著書の「スゴいiPhone」シリーズ(インプレス)は、2018、2019年に日本でいちばん売れたiPhone関連本となっている。

公式サイト
Twitter
YouTube
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

8.31-9.6

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在