【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】9月テーマ「アートな秋を存分に楽しむためのテクニック」カメラの基本操作 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】9月テーマ「アートな秋を存分に楽しむためのテクニック」カメラの基本操作

2020.11.24 TUE

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】
9月のテーマは「アートな秋を存分に楽しむためのiPhoneテクニック」
〜カメラの基本操作 編〜
未知数の魅力であふれるiPhone。「まだまだ使いこなせていない」という人も多いのでは?そこで、“iPhone芸人”でおなじみのかじがや卓哉さんに、思わず「へー!」「便利!」「驚き!」な豆知識を教えてもらいます。

9月のテーマは「アートな秋を存分に楽しむためのiPhoneテクニック」。カメラの評判がいいiPhoneはちょっとこだわった写真を撮れたり、加工できるのがいいところ。そこで、カメラ撮影の初歩的なポイントから、Live Photos、タイムプラスといったワンランク上のテクニックをご紹介。この秋は、iPhoneで手軽に芸術的な秋をかなえよう!

●取材・文:沼田佳乃

9月に勉強するのは……
9/01:カメラの基本操作

9/08:Live Photos
9/15:ワンランク上の撮影方法
9/29:写真アプリ

今回は「カメラ」の基本的な操作方法について学びます!
まず初めに、「カメラ」の基本的な操作方法を教えてもらいます。ピントの調節、固定方法、おしゃれな構図を決めるのに便利なグリッド線を出す方法、夜の撮影にもってこいのナイトモードと、実は知らなかった人、使っていなかった人も多いのでは!?基本をマスターして、楽しい撮影タイムに!(ライターN)
iPhone撮影の「基本のキ」。ピントと明るさの調整は2ステップで!
【左】タップすると四角い枠が表示されます 【右】上記四角い枠以外の部分を上げると明るく、下げると暗くなります。画像は下げた状態なので、暗くなっています

【左】タップすると四角い枠が表示されます
【右】上記四角い枠以外の部分を上げると明るく、下げると暗くなります。画像は下げた状態なので、暗くなっています

かじがやさん:基本的なカメラの操作方法です!触ったところにピントをあわせられるのがiPhoneカメラの仕組み。撮影するときは、まずカメラアプリを開き、ピントをあわせたいところをタップする。すると四角い枠が出てきてピントがあった状態に。

明るさは、黒いところにあわせると全体が明るくなり、白いところにあわせると全体が暗く……というようにピントをあわせたいところで、自動的に調整されます。手動でも調整でき、四角い枠を表示させると太陽のアイコンが出てきます。四角い枠以外の部分を下から上へスワイプすると画面全体が明るく、上から下にすると暗くできますよ。
花火もイルミネーションも思いのまま!ピントと光を固定する方法
四角い枠が表示され、そのまま長押しすると、上部に「AE/AFロック」と表示されます

四角い枠が表示され、そのまま長押しすると、上部に「AE/AFロック」と表示されます

かじがやさん:秋冬にかけて花火やイルミネーションを撮る機会が増えますよね。でも、普通のやり方だと花火が上がったり消えたりする度に設定が動いてしまう。そんなときは、ピントをあわせたいところを長押ししましょう。すると、「AE/AFロック」という表示が画面上部に現れてピントが固定されます。あとは、四角い枠以外の部分を上下にスワイプしながらちょうどいい明るさにするだけ。これでピントも明るさも固定できます。明るさを変えると写真の印象ががらっと変わっておもしろいですよ。
「グリット線」を使えばセンスのいい写真が手軽に撮れる!
かじがやさん:写真を撮影するときは、つい撮りたいものを真ん中にしがちでは?ですが、そうするとよくある構図になってしまいますよね。あえて、少しずらして撮影するといい感じに仕上がります!そのサポートをしてくれるのが「グリット線」。設定は以下の通りです。
iPhoneの[設定]>[カメラ]>[グリット]をオン。カメラを下に向けて撮影すると画像右のように+が表示されます。白い+と黄色い+が重なると水平に

iPhoneの[設定]>[カメラ]>[グリット]をオン。カメラを下に向けて撮影すると画像右のように+が表示されます。白い+と黄色い+が重なると水平に

かじがやさん:こちらを設定すると、カメラを開いたときに画面の縦と横、均等に2本ずつのグリット線が入ります。その線の上に被写体を持ってくるとセンスのいい写真が撮れる。東京タワーのような大きい被写体も真ん中で撮るより、あえて左右どちらかに寄せると、奥行きがでていい感じに。

このほかに、水平に撮影できているのか測れる機能もあります。カメラを開き、下に向けると+の表示がでて、どれだけ傾いているかを判断してくれる。+と+が重なるところが水平なので、料理や雑貨などを俯瞰で撮りたいときに重宝。傾きのないきれいな写真が撮れます!
暗いところも見たまま!夜も鮮明に撮れる「ナイトモード」
かじがやさん:せっかく撮影しても、暗くて白飛びや黒つぶれしてしまう。そんなときに便利なのが最新機種のiPhone11シリーズに搭載されている「ナイト(夜間)モード」です。暗所では、明るく撮影するためにiPhone上で自動的に明るさを取り込む設定に切り替わってくれますよ。右上に黄色く1秒、3秒など自動的に秒数が表示。iPhoneを手持ちで固定する程度で、通常の撮影では集められなかった光を記録できます。例えば、「高層ビルの夜景がきれいだなー」と思ったときも、見たままの変わらない美しい情景が残せるんです。

もし、自動的に「ナイト(夜間)モード」がオンにならない場合は、撮影画面に表示される「ナイトモード」のアイコン(月マーク)をタップし、手動でオンすればOK。

今回はここまで!次回は「Live Photos」についてお届けします!
※掲載している情報は、2020年9月時点でのものとなります

かじがや卓哉
吉本興業所属。「家電製品総合アドバイザー」の資格を所有し、iPhone芸人、家電芸人として知られる。著書の「スゴいiPhone」シリーズ(インプレス)は、2018、2019年に日本でいちばん売れたiPhone関連本となっている。

公式サイト
Twitter
YouTube
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

11.16-11.22

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在