【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】10月テーマ「健康・ボディメンテナンスに役立つiPhone&Apple Watchのテクニック」睡眠を管理するのに便利なアプリ | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】10月テーマ「健康・ボディメンテナンスに役立つiPhone&Apple Watchのテクニック」睡眠を管理するのに便利なアプリ

2020.11.24 TUE

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】
10月のテーマは「健康・ボディメンテに役立つiPhone&Apple Watch」
〜睡眠を管理するのに便利なアプリ 編〜
未知数の魅力であふれるiPhone。「まだまだ使いこなせていない」という人も多いのでは?そこで、“iPhone芸人”でおなじみのかじがや卓哉さんに、思わず「へー!」「便利!」「驚き!」な豆知識を教えてもらいます。

10月のテーマは「健康・ボディメンテナンスに役立つiPhone&Apple Watchのテクニック」。知らない人も多いですが、iPhoneにはパーソナルトレーナー級の仕事をしてくれる「ヘルスケア」アプリが入っています。いざという時にあなたの命を守ってくれる「メディカルID」の登録方法や、運動系アプリとApple Watchを連動させ楽しくワークアウトを継続する方法などをご紹介。スポーツの秋、健康の秋にもぴったりのiPhoneテクを学びましょう!

●取材・文:沼田佳乃


今回は「睡眠を管理するのに便利なアプリ」について学びます!
10月最後は、睡眠について。Apple Watchを寝る際にもつけておけば、しっかり睡眠時間を記録してくれるそう。さらに、寝起きが辛い人にぴったりのアプリも教えてもらいました。すっきりスムーズに活動できるよう、快眠をめざしたいですね。(ライターN)
スッキリした目覚めに感激!最高のタイミングで起こしてくれる睡眠アプリ
かじがやさん:前々回にApple Watchで健康管理できるとお話ししましたが、実は、睡眠管理もできるんです。寝ているときもApple Watchをつけておけば、「いつ寝た」「いつ起きた」というのも管理してくれ、「今週は睡眠不足になっているよ」ということも知らせてくれます。
熟睡アラーム

熟睡アラーム

左から、アラーム画面、カレンダー画面、記録画面 画像提供:C2

左から、アラーム画面、カレンダー画面、記録画面 画像提供:C2

寝起きが辛いという人は、「熟睡アラーム」という目覚ましアプリがおすすめです。眠りの浅いタイミングを見計らって起こしてくれる便利なアプリ。例えば、8時に目覚ましをセットしたとすると、8時前でも寝返りしたタイミングでiPhone搭載の加速度センサーが振動を検知し、「睡眠が浅い」と判断して起こしてくれるというもの。

寝入りのタイミングも感知され、通常、1時間半サイクルで浅い眠りと深い眠りが交互にくるため、そろそろ眠りが浅くなったなというのも見ながらいちばん目覚めがいいときに起こしてくれます。朝が弱い人の心強い味方。朝が苦手という人はぜひ活用してみてください!

今回はここまで!11月のテーマは「テレワークに使えるiPhone便利技」です。来月もぜひチェックしてください。
※掲載している情報は、2020年10月時点のものとなります

かじがや卓哉
吉本興業所属。「家電製品総合アドバイザー」の資格を所有し、iPhone芸人、家電芸人として知られる。著書の「スゴいiPhone」シリーズ(インプレス)は、2018、2019年に日本でいちばん売れたiPhone関連本となっている。

公式サイト
Twitter
YouTube
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

11.16-11.22

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在