【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】11月テーマ「テレワークに使えるiPhone便利術」iPhoneでキーボード&USBを使う方法 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【楽しく!学べる! かじがや卓哉の iPhone豆知識】11月テーマ「テレワークに使えるiPhone便利術」iPhoneでキーボード&USBを使う方法

2020.12.3 THU

【楽しく!学べる!かじがや卓哉のiPhone豆知識】
11月のテーマは「テレワークに使えるiPhone便利術」
〜iPhoneでキーボード&USBを使う方法 編〜
未知数の魅力であふれるiPhone。「まだまだ使いこなせていない」という人も多いのでは?そこで、“iPhone芸人”でおなじみのかじがや卓哉さんに、思わず「へー!」「便利!」「驚き!」な豆知識を教えてもらいます。

11月のテーマは「テレワークに使えるiPhone便利術」。コロナ禍の影響で、リモートワーク・テレワークを導入する会社が増えましたよね。そうすると、自分のスマホを仕事で使う機会が増えた人も多いのでは?そこで、仕事に使えるiPhoneテクニックを教えてもらいました。書類を簡単にスキャンできたり、メールの返信忘れを防いだり、かっこよく効率的に作業ができるネタ満載です。

●取材・文:沼田佳乃


今回は「キーボード&USBを使う方法」について学びます!
リモートワークの機会も増え、ノマドワーカーのようにカフェや公園などで仕事をする人もいるのでは?そこで今回は、Bluetooth接続でキーボードを使う、外部のメモリにデータを保存する方法を紹介します。iPhoneをノートPCのように使ってみてはいかがですか?さくっと外で仕事をしたいときにも便利ですよ!(ライターN)
Bluetoothでらくらく接続!キーボードで文章を打とう
かじがやさん:まず最初は、iPhoneでキーボードを使う方法です!無線対応のものならとても簡単で、iPhoneとキーボードをBluetoothでペアリングするだけ。やり方は以下の通りです。
ホーム画面から「設定」をタップ>「Bluetooth」をオンに変更後、接続したい機器の名前を選択する

ホーム画面から「設定」をタップ>「Bluetooth」をオンに変更後、接続したい機器の名前を選択する

iPhoneでキーボード入力をするメリットは、普段使っている予測変換やタッチパネルがそのまま使えて意外と効率がいいところ。慣れたらグッと作業効率が上がりますよ!

ちなみに……、キーボードは有線でも使えますが、その場合「Lightning - USB 3カメラアダプタ」という変換アダプタを用意する必要があります。これはUSB の差し込み口を作ることができるだけでなく、外部から電源供給できるアイテムです。

キーボードの消費電力をiPhoneだけではまかなえない可能性があるので、USB端子にキーボードを接続しつつ、もう一方の「Lightning - USB 3カメラアダプタ」の端子に電源ケーブルを差し込み充電しながら使います。これなら電源が切れる心配もないので作業も快適です。
意外と知られていない!iPhoneでもUSBが使える
かじがやさん:続いて紹介するのは、USBメモリーの使い方です。iOS13から使えるようになった機能で、接続方法は有線で使うキーボードとほぼ同じ。「Lightning - USB 3カメラアダプタ」を接続して、USBメモリーを挿すだけです。
「ファイル」アプリを開く>USBメモリーの名前(画像左。初期設定ではUntitledなど)をタップ(表示がない場合は左上の「ブラウズ」をタップ)>中のファイルを見る、書類の保存することができる

「ファイル」アプリを開く>USBメモリーの名前(画像左。初期設定ではUntitledなど)をタップ(表示がない場合は左上の「ブラウズ」をタップ)>中のファイルを見る、書類の保存することができる

パワーが足りないというアラートが出た場合は、右側の端子に電源ケーブルを差し込み電源供給を(画像:編集部撮影)

パワーが足りないというアラートが出た場合は、右側の端子に電源ケーブルを差し込み電源供給を(画像:編集部撮影)

iPhoneの空き容量を作りたいときに大量の写真データを保存したり、仕事関係で使う資料だけをそれ専用のUSBメモリーにまとめたり、便利に使うことができますよ。

ひとつ注意しなければならないのが、USBメモリーはフォーマットが「Ex-FAT」「FAT-32」「HSF+」「APFS」のいずれかでないとiPhoneの場合、開くことができないのでご注意を。よくありがちなのが、Windows標準フォーマットのNTFS形式になっていてiPhoneで見れないというケース。途中からの書き換えはできないので、Mac、Windowsのどちらにも互換性がある「Ex-FAT」がおすすめです。

実はこの方法、USBだけでなく、外付けのハードディスクも使用できるんです。外付けハードディスクはパソコンなどUSB端子を差し込んだ接続先から電源を供給する「ポータブル型」と、コンセントから電源を取る「据え置き型」の2種がありますが、iPhoneには「ポータブル型」を動かすだけの電力がないので、使えるのは「据え置き型」のみ。iCloudでもデータを保存しておくことができますが、5GBの使用容量を超えると月額有料になってしまう。それが嫌な人はこちらを使うという手もあります!ほかにも、SDやmicroSD対応の端子もあるので、使いやすいメディアで活用するのがいいでしょう。

今回はここまで!次回は「コミュニケーションを円滑にする方法」についてお届けします!
※掲載している情報は、2020年11月時点のものとなります

かじがや卓哉
吉本興業所属。「家電製品総合アドバイザー」の資格を所有し、iPhone芸人、家電芸人として知られる。著書の「スゴいiPhone」シリーズ(インプレス)は、2018、2019年に日本でいちばん売れたiPhone関連本となっている。

公式サイト
Twitter
YouTube
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

11.23-11.29

MdN BOOKS|デザインの本
ワンプリント

Pick upコンテンツ

現在