【文房具連載・今月の文具コレクション】テレワーク下でも気分がアガる文房具 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

【文房具連載・今月の文具コレクション】テレワーク下でも気分がアガる文房具

2021.2.26 FRI

【MdN bungu】今月の文具コレクション
日々の生活に欠かせないものだからこそ、自分が好きと思える文房具を使いたい。そこで、MdN bunguでは、毎月テーマを決め、素敵なアイテムを紹介します。

●構成:編集部 ●文:沼田佳乃 ●撮影:YUKO CHIBA

1月のテーマは「テレワーク下でも気分がアガる文房具」
リモートワークを実施している企業が増え、自宅がオフィス代わりに。今までは会社で用意してくれていた文房具を使っていたけれど、自分の家で仕事をするからこそ“気分のアガるちょっといいもの”を使いたい。そこで、2000円~3000円代のハイセンスなステーショナリーを紹介します。手にするだけで、仕事へのモチベーションがアップしそう!
【1】TOOLS to LIVEBY「ツールズ トゥ リブバイ シザーズ 6.5」
台湾生まれのステーショナリーショップで、懐かしさをプラスしたデザインが魅力のTOOLS to LIVEBY。こちらのはさみは、落ち着いたゴールドカラーのボディとブラックのハンドル部分がなんともおしゃれ。また、ステンレス製の刃は日本製なのだそう。レトロテイストなパッケージもとっておきたくなるかっこよさ。/2,970円(税込) 問い合わせ先:092-533-3335(ハイタイド) 公式サイト:https://hightide.co.jp/

【2】kaweco「スカイラインスポーツ ローラーボール フォックス」
1883年にドイツ・ハイデルベルグで創業した筆記用具メーカー。こちらでセレクトしたのは、片手に収まるくらいのコンパクトさとニュアンスカラーが絶妙で、ファッショナブルな「スカイラインスポーツ」。ペン先やキャップのロゴなどがシルバーに統一されているのも素敵。書き心地もよく、仕事の相棒にぴったり。/3,300円(税込) 問い合わせ先:06-6443-0039(プリコ) 公式サイト:https://preco-corp.co.jp/

【3】ロディア「ロディアラマ meeting book ミーティングブック A5(トープ)」
会議が多い人には、フランスの文房具ブランド・ロディアのノートが◎。丈夫でしなやかなイタリア製合皮のカバーに、ブランドシンボルが素押しされたデザインが大人っぽく、カレンダーページをはじめ、タイトル欄、ノート欄、アクション欄の項目が並ぶ。議題やToDoをまとめやすく、効率よくスムーズに仕事ができるはず。/3,080円(税込) 問い合わせ先:03-3411-7122(クオバディス・ジャパン) 公式サイト:https://www.shop.quovadis.co.jp/

【4】やまま文具「レザーカバー<リフィル式>(ヌード)」「レザーカバー用リフィル」
思いついたことをすぐに書き留められるメモ類はクリエイターの必携品。やまま文具のレザーカバーは、上質な牛革を使用しスナップやインプリントも金で統一されていて、いつも手元に置いておきたくなる一品。イタリア製の紙を使った付箋は付け替えが可能で、自分らしくカスタムできるのも嬉しい。紙製の箱も美しく、贈り物にも。/レザーカバー 2,420円(税込)、リフィル 330円〜495円(税込) 問い合わせ先:03-6869-1971(プランティス) 公式サイト:http://plantistokyo.com/

Follow me!
Instagram「MdN bungu」

文房具情報のほか、プロのクリエイターに文房具をテーマにした作品を制作してもらうオリジナルコンテンツや、読者プレゼントの募集も不定期で開催しています。

フォローはこちらから



twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

この連載のすべての記事

アクセスランキング

2.15-2.21

MdN BOOKS|デザインの本
ワンプリント

Pick upコンテンツ

現在