3-13 迫力のある立体文字を並べる | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-


Chapter 3 Webのタイポグラフィ実践テクニックとアイデア

TECHNIQUE 13
迫力のある立体文字を並べる
文=和田由紀子



グラフィカルなタイトルにしたい、とにかく迫力のあるデザインにしたい! という場合は、奥から手前にせり出しているような処理をしてみよう。つくり方は簡単だが、まずはベースとなる文字の位置・文字間をじっくり検討することが大切だ。特に文字間の調整を怠ると、垢抜けない印象になるので注意しよう。できるだけ文字同士を重ね合わせるようにすると力強い印象になって雰囲気が出る。



Illustratorで文字同士が重なり合うように並べ、パスファインダの[形状エリアに追加]で合体しておく


始点に先ほどつくった文字列の縮小版(色は白に設定)を配置し、オブジェクトメニュー→“ブレンド”→“ブレンドオプション”で[間隔:距離]で値を「1px」とし、ブレンド処理をかける。あとは文字が読めるように処理を加えれば完成だ


文字間が広いと間が抜けた感じになるので注意



[INDEX]
●Chapter 2 最低限知っておきたいWebタイポグラフィの基礎知識
2-3 異なるフォント同士を組み合わせる
●Chapter 3 Webタイポグラフィ実践テクニックとアイデア
>>> 03 異なる文字サイズや書体を混在させ、メリハリをつける
>>> 04 思い切って文字間を広げ洗練された雰囲気を出す
>>> 13 迫力のある立体文字を並べる
>>> 14 タイポグラフィを大文字/小文字で構成する


twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

こんな記事も読まれています

この連載のすべての記事

アクセスランキング

6.17-6.23

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在