アップル、iPhone/iPod向け広告「iAd」を7月1日よりスタート

ニュース

アップル、iPhone/iPod向け広告「iAd」を7月1日よりスタート


アップル、iPhone/iPod向け広告「iAd」を7月1日よりスタート


米Apple社は米国時間6月7日(日本時間6月8日)、iPhone/iPod向けのモバイル広告「iAd」を7月1日より開始することを発表した。同日発表の「iOS 4」上で稼働する(関連記事「アップル、iPhone 4を6/24より発売」、「アップル、iPhone/iPod touch向け「iOS 4」を6/21より無償アップデート」、「ソフトバンク、iPhone 4を6月24日より発売」)。

AT&T、Best Buy、Campbell Soup Company、Chanel、Citi、DirecTV、GEICO、GE、JCPenney、Liberty Mutual Group、Nissan、Sears、State Farm、Target、Turner Broadcasting System、Unilever、The WaltDisney Studiosといった著名グローバルブランドのモバイル広告キャンペーンとともにスタート。同社では2010年度のiAd出稿契約を、2010年下半期分として予測される米国内のモバイル広告費合計の約50%に当たる6千万ドル以上獲得しているとしている。iAdはiOS 4に組み込まれており、ユーザーは使用中のアプリケーションから離れることなく、ビデオ視聴中でも、ゲームプレイ中でも、広告内からの購入機能を利用したアプリケーションのダウンロード時やiTunesコンテンツの購入時にも、広告を視聴することができる。

同社のCEO(最高経営責任者)のスティーブ・ジョブズ氏は「iAdは、広告出稿者にはテレビの表現力とWebのインタラクティブ性を、ユーザーには使用中のお気に入りのアプリケーションから離れることなく、広告を視聴できる新しい手段を提供します。iAdは何百万ものiPhoneおよびiPod touchユーザにリーチできます。これは広告出稿主にとって非常に魅力的な購買層です。また、開発者の皆様にはアプリケーションを引き続き、無償または低価格で開発し続けることができるよう新たな収入源を得る手段を提供します」と述べている。

iPhone 4のWebサイト
iPhone 4のWebサイト

アップル iPhone
http://www.apple.com/jp/iphone/

(2010/06/08)

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース