地震による買い占め防止ポスターがネットから店頭へ広がる

ニュース

地震による買い占め防止ポスターがネットから店頭へ広がる


地震による買い占め防止ポスターがネットから店頭へ広がる


スーパーやコンビニエンスストアでの食料品や日用品の買い占めが話題になっている一方で、買い占めを防止する動きが「ウエシマ作戦」としてインターネット上で広がっているというのは既報の通り(参考記事:「ヤシマ作戦から「ウエシマ作戦」へ─ネットで広がる援助の輪」だが、ネット上では買い占めを防止する目的で1枚のポスターが広まっている。

そのポスターはデザイナーであるTakamasa Matsumoto氏(Twitterアカウント@stam_mats2)が制作した「みんなで分け合えば、できること。」というポスター。たとえばトイレットペーパーであれば12ロールで1000人分のトイレに、おこめ5kgであれば120人分のおにぎりになる、という内容だ。このポスターがTwitterやブログを中心にネット上で広まっているが、制作したご本人が再掲載、再配布をOKにしているため、さらにそれを印刷し、身の回りのスーパーやコンビニエンスストア、商店街やマンションなどに掲示してもらえるように広がる運動へと変化している。また、セブン・イレブンのネットプリントでだれもがプリントできるようにするなど、ネットで生まれた運動の輪はリアルの世界へと一気に広がっている。

ポスター



Takamasa Matsumoto氏のTwitter
URL:@stam_mats2

2011/03/17



【MdN Design Interactive東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)関連ニュース記事】
URL:http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/17503/

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース