将棋ソフトとプロ棋士の対局「電王戦」が開催-コンピュータが勝利

ニュース

将棋ソフトとプロ棋士の対局「電王戦」が開催-コンピュータが勝利


将棋ソフトとプロ棋士の対局「電王戦」が開催-コンピュータが勝利


公益社団法人 日本将棋連盟は、同連盟の会長を務める米長邦雄永世棋聖と、将棋ソフト「ボンクラーズ」が戦う「米長邦雄永世棋聖 vs ボンクラーズ プロ棋士対コンピュータ 将棋電王戦」(主催:日本将棋連盟/株式会社ドワンゴ/株式会社中央公論新社)が1月14日、東京・将棋会館4階「特別対局室」にて行われ、先手のボンクラーズが113手で勝利したと発表した。

また、来年の「電王戦」はプロ棋士側5人対コンピュータ側5チームで行うと発表した。プロ棋士の1人は船江恒平四段(第1回加古川青流戦優勝)に決定している。

日本将棋連盟のWebサイト
日本将棋連盟のWebサイト

発表資料
URL:http://www.shogi.or.jp/topics/2012/01/-vs-1.html
2012/01/16

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース