iPhone SEが象徴するAppleの弱体化の兆し

ニュース

iPhone SEが象徴するAppleの弱体化の兆し


iPhone SEが象徴するAppleの弱体化の兆し

iPhone SEと5sの比較
iPhone SEと5sの比較

2016年5月17日
TEXT:小川 浩(シリアルアントレプレナー)


iPhone SEは予想通り、それなりに売れているらしい。ただしApple側としては、少なくとも日本国内ではそれほど売ろうとは思っていないらしく、TV CMも6s/6s plusに絞っているし、供給数自体も品薄感が強いようだ。その結果、中古市場における5sの価格も上昇傾向となっており、4インチモデルに対する若年層や女性ユーザーからの需要はあった、ということだろう。

しかし、現実を見ればAppleのスマートフォン事業には陰りが見えている。

2015年度通期の携帯電話端末の総出荷台数は、前年比5.6%減(4年連続の減少)の約3,659万台。そのうち、スマートフォン出荷台数は、約2,917万台で、総出荷台数の79.7%となる。

Appleは、2012年以降4年連続で国内の携帯電話端末メーカーナンバーワンのシェアを誇ってきたが、2015年は初のマイナス成長となっているのだ。

携帯電話端末市場、そしてスマートフォン市場が飽和状態になっており、機能や性能の向上速度が落ちているので、ユーザーが買い替えるタイミング(周期)が徐々に長くなっている。2年に一度買い換えていたユーザーが、3年に一度に買い替えを行ったとしたら、当然Appleの売り上げは落ちる。他社製品に乗り換えるのではなく、Appleブランドへの忠誠心は変わらなくても、買い替え周期が少しずつ長くなることが、大きな問題になっているのである。

事実、iPhone 6/6sから6s/6s plusに買い換えたユーザーは、その性能差をあまりにも実感できないので失望している。それが問題なのだ。
これがもし、iPhone 7がティム・クックがあらかじめ宣言しているように機能・性能、そしてデザイン面で大きくジャンプアップできなければ、さらにAppleの成長は失速することになるだろう。

iPhoneは 2年に一度メジャーアップグレード、1年置きにマイナーアップグレードを行ってきた。このタイミングで買い替えをユーザーにプッシュすることが基本的な戦略だった。

それが5sから6、6から6sにおけるアップグレードタイミングで、Appleはユーザーを驚かせるだけのジャンプアップを実現できなくなった。さらに中途半端な時期にSEを出したことで、ユーザーを混乱させてしまっている。SEは、性能そのものは5sをもちろんはるかに超えるものであっても、見た目が全く同じなので、アップグレードのありがたみを我々に説得しづらい。だから、4インチという小さなボディを欲しいと思うユーザーに、いまだに5sの中古を買うという選択肢を与えてしまっているのだ。

Appleはいま、コモディティ化したスマートフォンにサプライズを用意できなくなっているという「イノベーション能力の低下」と、ユーザーに買い替えを強いることに成功してきた「魅力的なマーケティング戦略の崩壊」という二つの問題を抱え始めている。

ついにジョブズ不在のツケを払うときがきているのかもしれない・・・。


■著者の最近の記事
Kindle Oasis、よくできた端末だがそれ以上でもそれ以下でもない
起業家イーロン・マスクのSpace Xは何を破壊するのか?
ソーシャルゲームのビジネスモデルの詐欺的要素を撤廃するために
Y! vs Lの戦争、LINEモバイルは果たして成功するのか?
SEってなんだよ、と突っ込みたくなるAppleの混乱


小川浩氏近影

[筆者プロフィール]
おがわ・ひろ●シリアルアントレプレナー。著書に『ビジネスブログブック』シリーズ(毎日コミュニケーションズ)、『Web2.0BOOK』(インプレス)、『仕事で使える!「Twitter」超入門』(青春出版社)、『ソーシャルメディアマーケティング』(ソフトバンククリエイティブ/共著)などがある。
twitter:http://www.twitter.com/ogawakazuhiro
facebook:http://www.facebook.com/ogawakazuhiro

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース