iPhone 7/7 Plusのイヤホンのバグは次期iOSアップデートまで我慢?

ニュース

iPhone 7/7 Plusのイヤホンのバグは次期iOSアップデートまで我慢?


「EarPods with Lightning Connector」

「EarPods with Lightning Connector」

9月16日に発売されたばかりのiPhone 7/7 Plus。Appleは今回のバージョンからイヤホンジャックを廃止するという改良を加えたが、同梱されている「EarPods with Lightning Connector」を使うと一部機能が不能になるバグが発覚している。

 

「EarPods with Lightning Connector」は廃止されたイヤホンジャックの代わりに付属したもので、ライトニングケーブルを使ったイヤホン。バグは、イヤホンの使用開始からまもなくして発生し、リモコンコントラーラーでの操作ができなくなるという。

 

操作不能になるのは、音量調節・Siriの呼びだし・電話応答となっており、100%再現されるバグではないものの、頻繁に発生することが報告されている。

 

対処方法は、ケーブルをライトニングコネクタから抜き、再度差し込めばOK。ただ、再度操作不能になることもある。

 

本現象は「Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」を利用した際にも発生しており、AppleはiOSのアップデートで修正するとしている。

 

なお、修正の次期、どのバージョンになるかは明言されていない。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース