アプリによるミニ四駆の無線操作を実現できるキットの資金調達プロジェクトがKibidangoで公開

ニュース

アプリによるミニ四駆の無線操作を実現できるキットの資金調達プロジェクトがKibidangoで公開


「RCミニ四駆キット」

「RCミニ四駆キット」

株式会社プレンプロジェクトは、クラウドファンディングサイト「Kibidango」にて、「RCミニ四駆キット」の資金調達プロジェクトを展開(https://kibidango.com/425)。この「RCミニ四駆キット」は、大阪ハイテクノロジー専門学校 ロボット専攻の学生と共同開発されたもので、スマートフォンやタブレットから無料アプリによってミニ四駆を無線操作できるようになる。資金調達の開始日時は2016年12月16日(金)0:00で、実施期間は2017年1月21日(土)23:59まで。
株式会社プレンプロジェクトは、10年以上にわたり小型ロボットを開発してきた企業だ。今回の「RCミニ四駆キット」は、本来は直進のみの動作をする小型自動車玩具のミニ四駆を、既存の車体(VSシャーシのみ)を加工することなく無線操縦モデルにできる改良キット。独自開発された「ステアリングキット」と汎用多目的超小型リモコンロボットコアユニット「bCoreモジュール」を組み合わせ、前後左右への操縦が実現される。

ミニ四駆をラジコンに変えるキット“RCミニ四駆”


「RCミニ四駆 改造キット」を特典として入手できる支援金額は、通常プランで税込4900円(2016年12月13日時点での価格)。数量限定の“早割”として、税込3990円(2016年12月13日時点での価格)のプランも10セット用意される。その他に、「RCミニ四駆キット」と「Fabミニ四駆Cup」イベント参加権をセットにしたプランなども用意。「Fabミニ四駆Cup」は、京都のMTRL Kyotoで2017年1月27日(金)、東京のFabCafe Tokyoで2017年3月に開催されるミニ四駆カスタマイズレースだ。さらに今回のプロジェクトでは、「RCミニ四駆キット」とプロのカーデザイナーが手掛けたスペシャルボディパーツをセットにしたプランも用意されている。
株式会社プレンプロジェクト
URL:http://plen.jp/jp/
2016/12/13

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース