ぺんてるによる店内の全てに落書きOKな人気のカフェバーが今年も期間限定オープン

ニュース

ぺんてるによる店内の全てに落書きOKな人気のカフェバーが今年も期間限定オープン


「GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」

「GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」

ぺんてる株式会社は、2017年2月4日(土)から3月31日(金)までの期間限定で、「GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」を銀座にオープンする。壁 / 床 / 柱 / テーブル / イスなど、店内にあるもの全てに自由に落書きできるカフェバー。テーマを「RAKUGAKI FACTORY」とした今回は、店内の内装が工場をモチーフとしており、清潔感ある白い研究デスクや研究用の書籍にも落書きを楽しめる。営業時間は、カフェ12:00〜17:00(ラストオーダー16:30)/ バー18:00〜23:30(ラストオーダー23:00)。
2014年に初登場した「RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」は、思うままに落書きできる場を提供することで、より多くの人々に表現する楽しさを体験してもらうことを目的とした店舗だ。銀座では2014年6月〜7月、2015年9月〜10月に続き、第3回目の開催となる。総席数は46席で、BAR TIMEには800円のチャージ料金が必要。予約なしでの来店の場合には、混雑状況によって待ち時間が生じるが、インターネット上で空席確認や予約を行うこともできる。
今回も店内には趣向を凝らした仕掛けが数多く盛り込まれており、新しい落書きを研究する「らくがき研究室」や、全身に落書きできる研究室長の「Dr.CANVAS」、記念撮影用の「ぺんてる巨大くれよんパッケージ(箱)」などを用意。期間中には各種のワークショップなどの多彩な関連イベントも展開される(事前予約制のものもあり)。一例として、毎週金曜と土曜のBAR TIMEには、蛍光色のスクールガッシュ(水彩絵の具)を使用し、ブラックライトで光る幻想的な“夜の落書き”を楽しむことが可能だ。フード&ドリンクメニューも、ぺんてるらしい味も見た目も楽しめるユニークなものが数多く提供されている。
■期間:
2017年2月4日(土)~3月31日(金)

■開催場所:
GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel(B.E.HOUSE HIBIYA BAR内)
東京都中央区銀座5-6-5 NOCO 7F

■問い合わせ先:
ぺんてる株式会社(GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel)
tel. 03-3573-8015
url. http://pentel-rakugaki.jp/
2017-02-04
2017-03-31
event

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース