日本の色えんぴつ職人による「500色の色えんぴつ」、第4弾は3.5ミリ太色芯と太四角フォルム

ニュース

日本の色えんぴつ職人による「500色の色えんぴつ」、第4弾は3.5ミリ太色芯と太四角フォルム


500色の内の一つ「LIGHTNING STRIKES」

500色の内の一つ「LIGHTNING STRIKES」

株式会社フェリシモは、同社の色えんぴつシリーズ「500色の色えんぴつ」の新商品として「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」の発売を発表した。本製品は、「SPRING」「FUN」「HOME」「PARTY」など、決められたテーマで色がセレクトされ、毎月毎に20本が届けられ、25ヶ月で500色が完成する定期便スタイルの色えんぴつ。価格は一ヶ月分が2808円(税込)。

全500色

全500色

製造を手がけるのは、色芯技術を守り続ける山梨の工場や、葛飾・荒川の東京下町のえんぴつ工場の職人たち。今回は、これまでのシリーズから全面リニューアルとなり、滑らかな書き味の3.5ミリ太色芯と、持ちやすさと描きやすさを兼ね備える角が丸い正方形の太四角フォルムになっている。

色芯

色芯

リニューアルされたフォルム

リニューアルされたフォルム

色えんぴつの長さは約17.5cmで、20本が入るペンケース(約12×18.5×2cm)・情報カード・ペーパークラフトカードと共に送られてくる。

 

ペーパークラフトは、色えんぴつで色を塗って組立られるもので、月毎のテーマに沿って塗れば、創作のイメージもより高まるという仕組みだ。

ペーパークラフトイメージ

ペーパークラフトイメージ

「500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」

URL:http://www.felissimo.co.jp/500/?xid=p_nr_ot_17021502_RELEASE

2017/02/17

 

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース