ノキアの伝説的アンブレイカブル携帯「3310」が復活、待ち受け55時間以上も魅力

ニュース

ノキアの伝説的アンブレイカブル携帯「3310」が復活、待ち受け55時間以上も魅力


Nokia 3310

Nokia 3310

至上最も堅牢で「アンブレイカブル」との異名をとったNokia(ノキア)社の携帯電話「3310」が、再販売されると複数メディアが報じている。

 

ノキアはシェア世界一を誇ったフィンランドの携帯電話メーカーだったが、スマートフォンへの変化に対応できず、携帯デバイス事業はマイクロソフトに売却され、さらにフィンランドHMD社がノキアブランドのスマートフォンやタブレット事業を買収し、ライセンスを所有している。

 

今回、噂になっている「3310」は、2000年9月に発表されたモデルで、非常に頑丈な堅牢性や当時は先進的だったアラーム機能や電卓機能、Snakeシリーズのゲームなどを搭載した携帯電話。バッテリーも55〜260時間の長時間待ち受けを実現していた。

 

「3310」のリローンチモデルは59ユーロ(約7100円)で販売され、詳細についてはスペインのバルセロナで開催されるモバイルワールドコングレス(MWC)で明らかになるとしている。

INDEPENDENT

URL:http://ind.pn/2lEZSJA

2017/02/17

 

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース