KDDI、JAL国際線ラウンジでVRを活用した新たなサービス開発の実証実験に協力

ニュース

KDDI、JAL国際線ラウンジでVRを活用した新たなサービス開発の実証実験に協力


KDDI株式会社は、4月12日、日本航空株式会社と株式会社VRizeが2017年4月12~14日まで実施するVR実証実験へ機器提供を行うと発表した。本実証実験では、羽田空港国際線ターミナルのJAL国際線ラウンジ「サクララウンジ・スカイビュー」でVRがお客様満足度向上に寄与することができるかを実験する。

実証実験の期間中は、ラウンジ内のVR体験ゾーンにテレポッドやVRヘッドマウントディスプレイ(Galaxy Gear VR)が設置され、利用者は自由にVRコンテンツを楽しむことができる。コンテンツは「巨大な恐竜が太古へ誘う〜福井県立恐竜博物館」「紅葉の京都 2016」「2016 The Lantern Fest」「青森ねぶた祭」など。こちらは動画配信サービス「360Channel」を運営する株式会社360Channelが提供する。

 

本実証実験の主体となるVRize社は現在、KDDIが提供するスタートアップ企業支援サービス「KDDI ∞ Labo(11期プログラム)」に参加し、新たなサービスの創出に取り組んでいる。現在は、高品質VR動画アプリを制作するCMS「VRize Video」や、VRに特化した動画アドネットワーク「VRize Ad」などを中心にサービス提供しているが、今後はイベントへのニーズにも力を入れていくという。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース