iPhone8のログインは“顔認証”?指紋認証を捨てて3Dセンサーや虹彩認証を使った顔での認証へ

ニュース

iPhone8のログインは“顔認証”?指紋認証を捨てて3Dセンサーや虹彩認証を使った顔での認証へ


全面ディスプレイでの指紋認証イメージ

全面ディスプレイでの指紋認証イメージ

2017年9月の発売が噂されるiPhone8。iPhone10周年となる2017年中の登場が本命視されているが、その認証方法に新たな情報が飛び出した。

 

これまでに、機能面では「置くだけのワイヤレス充電や遠隔充電」「ベゼルが極小になり、ほぼ全面ディスプレイ化」「防水機能強化」「ガラス製ボディ」などのリークが飛び交ってきた。

 

認証方式については、全面ディスプレイ化により、指紋認証センサー「Touch ID」は背面に移動するのではという考察もあったが、新たなリークでは「Touch ID」そのものが削除され、新たに搭載される「顔認証」へと移行するというものだった。

iPhone8の図面とされたリーク画像(背面Appleマークの下に「Touch ID」が見える)

iPhone8の図面とされたリーク画像(背面Appleマークの下に「Touch ID」が見える)

テック系サイト9to5Macによると、Apple関連の情報に詳しいKGI証券のミンチー・クオ氏からの情報として、iPhone8は全面ディスプレイでホームボタンは物理ではなく、バーチャルホームボタンが搭載されるとしている。しかし、そこに指紋認証機能はなく、ログインは、3D深度検知を持ったフロントカメラにより、顔認証が行われると推測している。

 

また、経済・金融情報を扱う米Bloombergも、iPhone8の顔認証システムは、3Dセンサーと虹彩認証機能を組み合わせることにより、ユーザーの顔を数100ミリ秒以内にスキャンしてiPhoneのロックを解除できるとしている。

指紋認証を初めて試した時は、ロック解除のスムーズさに感動すら覚えた。顔認証も実際に搭載されればiPhone8の目玉機能の一つになることは間違いないだろう。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース