大賞賞金が30万円のガンプラコンテスト「第20回 全日本オラザク選手権」

ニュース

大賞賞金が30万円のガンプラコンテスト「第20回 全日本オラザク選手権」


第19回全日本オラザク選手権 大賞 JAGD SINANJU 製作 / SA

第19回全日本オラザク選手権 大賞
JAGD SINANJU
製作 / SA

株式会社ホビージャパンは、月刊ホビージャパン誌上で「第20回 全日本オラザク選手権」を開催中。2017年9月1日(金)23:59まで応募を受け付けている。“ガンプラ”と呼ばれるガンダムシリーズのプラモデルのコンテストで、1998年から続く歴史のある企画。応募作品は自身で製作した作品に限られ、大賞の受賞者には30万円が贈られるとともに、11月25日(土)発売予定の月刊ホビージャパン1月号の表紙に作品が掲載される。
本コンテストでは5つの部門を用意して作品を募集。「ガンプラ部門」「ガンプラLOVE部門」「サンダーボルト部門」「ディオラマ部門」「ジュニア部門」がある。「ガンプラ部門」は、作品やスケールを問わずにガンプラおよびそのキットを使用した改造、スクラッチなど、ガンプラに関する幅広い作品を対象とした部門。「ガンプラLOVE部門」では、公式設定にとらわれない自由な発想の作品を対象としている。「サンダーボルト部門」は、バンダイホビー事業部から発売されている「機動戦士ガンダム サンダーボルト」関連キットを用いた作品、または「機動戦士ガンダム サンダーボルト」の世界観をイメージした改造 / スクラッチ作品を対象にした単体作品限定部門。「ディオラマ部門」ではガンプラを使用したディオラマ、ヴィネットが全て対象とされており、「ジュニア部門」は2017年9月1日(金)の時点で中学3年生までの応募者の作品を対象とする(単体 / ディオラマなど作品の形態は自由)。
Web投稿で応募する場合には、専用の応募ページから1作品あたり最大10点までの作品画像を投稿。「大判の写真でアピールしたい」「画像10点では作品の魅力を伝えきれない」と考える参加者は、郵送で応募することもできる。審査は特別審査員による採点方式で実施。編集部による事前の一次審査を経て、通過作品を各審査員が10点満点で採点し、「ジュニア部門」を除く4部門中で最も合計得点が高い作品が大賞となる。参加は1人につき各部門1点まで。「ジュニア部門」の該当者の応募作品は自動的に「ジュニア部門」への参加となるため、応募できる作品は実質1点となる。
(C) 創通・サンライズ
■応募締切:
2017年9月1日(金)23:59

■応募資格:
不問

■賞:
大賞(30万円 / 月刊ホビージャパン1月号の表紙に作品掲載)
ほか

■問い合わせ先:
ホビージャパン編集部(株式会社ホビージャパン)
tel. 03-5304-7601
url. http://orazaku.jp/

▷こんな記事も読まれています

Recommended by
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース