ソニー、正方形デザインで遠隔操作も可能な小型ICレコーダー「ICD-TX800」を発売

ニュース

ソニー、正方形デザインで遠隔操作も可能な小型ICレコーダー「ICD-TX800」を発売


「ICD-TX800」使用イメージ

「ICD-TX800」使用イメージ

ソニー株式会社は、ステレオICレコーダー「ICD-TX800」を、2017年10月7日(土)に発売する。正方形のデザインを採用し、携帯性に優れたコンパクトなモデル。本体の録音ボタンからの操作のほか、付属リモコンやスマートフォンの録音専用アプリ「REC Remote」からの遠隔操作にも対応する。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、市場予想価格は各2万円前後(税抜)。
本製品は16GBの内蔵メモリを備え、最長で約636時間(録音モードがMP3・48kbps・モノラルの場合)の録音が可能なICレコーダーだ。音声はマイク内部でダイレクトにデジタル信号へと変換され、小型ながらも高音質なステレオ録音が可能。ポケットから録音する際に布が擦れる音を低減する「ポケットモード」など、状況に応じて最適な設定を選べる「シーンセレクト」機能が用意された。録音環境によって最適なマイク感度に自動設定できる「おまかせボイス」機能も搭載。音声ファイルの再生時には、音声以外のノイズを低減して声の大小を聞きやすく自動調整する「クリアボイス」機能も活用できる。
本体の録音ボタンは、電源OFFの状態からすぐに録音を始められる「ワンプッシュ録音」に対応。また、本製品は約38(幅)×38(高さ)×13.7(奥行)mmかつ約22gの非常に小型軽量な本体設計も魅力だ。本体背面にはクリップが用意されており、洋服のポケットや鞄などに取り付けて使用が可能。製品には付属の専用ヘッドホン接続ケーブルなどもまとめて収納できるキャリングケースが同梱されている。
電源には付属のUSBケーブルで充電できるリチウムイオンバッテリーを内蔵。付属リモコンはボタン型電池(CR2032)を使用する。録音形式はリニアPCM(44.1kHz / 16bit)とMP3(192kbps / 128kbps / モノラル48kbps)。
ブラックモデル (上は本体 / 下は付属リモコン)

ブラックモデル
(上は本体 / 下は付属リモコン)

ホワイトモデル (上は本体 / 下は付属リモコン)

ホワイトモデル
(上は本体 / 下は付属リモコン)

付属のキャリングケースで本体と付属リモコン、専用ヘッドホン接続ケーブルをコンパクトに収納して持ち運べる

付属のキャリングケースで本体と付属リモコン、専用ヘッドホン接続ケーブルをコンパクトに収納して持ち運べる

ソニーマーケティング株式会社
問い合わせ:0120-777-886
価格:オープン
URL:http://www.sony.jp/
2017/09/13

▷こんな記事も読まれています

Recommended by
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース