ピクスタ、YouTubeでも利用できるBGMや効果音など約8万点の音楽素材の販売を開始

ニュース

ピクスタ、YouTubeでも利用できるBGMや効果音など約8万点の音楽素材の販売を開始


音楽素材の販売が正式に開始された「PIXTA」

音楽素材の販売が正式に開始された「PIXTA」

ピクスタ株式会社は、写真やイラストなどのデジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA」にて、2017年10月16日(月)から約8万点の音楽素材の販売を正式にスタートさせた(https://pixta.jp/audio)。商用 / 非商用を問わずに使用でき、YouTubeでの利用も可能。取り扱われている音楽素材は、用途やボーカルの性別、メイン楽器、楽器のイメージ、再生時間、テンポから絞り込んで検索できる。
「PIXTA」では150万点以上の動画素材を販売しており、販売機会も拡大傾向にある。利用者からも音楽素材の販売を望む声が上がっており、2016年11月には「Audiostock」を運営する株式会社クレオフーガと資本および業務提携契約を締結し、音楽素材販売においての協業に至った。今回、その「Audiostock」で販売中の約8万点の音楽素材を「PIXTA」でも正式に販売スタート。効果音、音声・ボイスは540円均一、BGMは1080円 / 2160円 / 3240円、クリエイターによる自作の歌は3240円〜5万4000円で販売される。今後「PIXTA」では、2018年度内の音楽素材購入者1000人を目指し、そのうえでさらなる音楽素材の拡大や一般投稿受付についても検討する予定。
ピクスタ株式会社
URL:https://pixta.jp/
2017/10/16

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース