○×式で構図のポイントを理解する「誰でもかんたん!!構図がわかる本」発売

ニュース

バランス力アップで漫画&イラストが絶対上手くなる

○×式で構図のポイントを理解する「誰でもかんたん!!構図がわかる本」発売


誠文堂新光社は、プロの技法や構図理論からバランスのよいイラストをマスターする「誰でもかんたん!!構図がわかる本: バランス力アップで漫画・イラストが上手くなる!」を11月8日に発売する。B5判/192P/1,800円(税抜)。
本書は、イラストや漫画表現におけるバランスのよい「構図」パターンを分析・解説した実用書だ。イラストや漫画でよく使われる構図から、名画に使われてきた構図の意味、写真で使われる技法の絵画への応用など、構図の良し悪しを決める法則性を詳しく解説している。

巻頭ではプロによる作品を複数例示し、そこに使用されている技術の紹介から、優れた構図とは何かを読み解く。本文では、視線誘導、俯角仰角の構図、影の表現、黄金比率といった様々な技法や構図概念を解説し、○×式で良い例と悪い例を並べて視覚的に比較。初心者が陥りやすいミスや理解しにくいポイントをその都度わかりやすく丁寧に解説している。

絵画で使用頻度が高い人体のデッサン力を高めるトラック理論や重心とムーブマンなどの技術・概念も加え、漫画やイラストに限らず、デザインや写真、映像表現にも応用ができる、構図のすべてがわかる一冊である。
04. 視点“を”誘導する構図例 / 05. 視点“で”誘導する構図例

04. 視点“を”誘導する構図例 / 05. 視点“で”誘導する構図例

01. ホライゾンラインと開放感 / 02. ホライゾンラインと圧迫感

01. ホライゾンラインと開放感 / 02. ホライゾンラインと圧迫感

02. 主観視点と客観視点の違い

02. 主観視点と客観視点の違い

05. 半逆光と下方光の違い / 06. 逆光の表現の実例比較

05. 半逆光と下方光の違い / 06. 逆光の表現の実例比較

誠文堂新光社
斉藤むねお 監
価格:1,800円(税抜)
URL:http://www.seibundo-shinkosha.net/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4416617127/
2017/11/08

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース