ブラック企業大賞2017、新人社員へのブラック研修や社内で罪状掲示など9社がノミネート

ニュース

ブラック企業大賞2017、新人社員へのブラック研修や社内で罪状掲示など9社がノミネート


ブラック企業大賞企画委員会は、誰もが安心して働ける環境作りを目指し、劣悪な労働環境にある企業を名指しで公表する「第6回ブラック企業大賞2017」のノミネート9社を発表した。
労働法に抵触したり、パワハラや暴力的強制が日常的になっている企業が選ばれるブラック企業大賞。今回選ばれたのは、以下の9社。
  • 「ゼリア新薬工業株式会社」新人社員がブラック研修で自殺
  • 「株式会社いなげや」月平均75時間+サビ残などから過労死が2名
  • 「パナソニック株式会社」月100時間以上の残業などによる過労死が複数
  • 「新潟市民病院」最大で月251時間の残業で女性研修医が自殺
  • 「日本放送協会(NHK)」月159時間の残業などで女性記者が自殺
  • 「株式会社引越社・株式会社引越社関東・株式会社引越社関西」(アリさんマークの引越社)懲戒解雇社員のプロフィールを「罪状」として社内で公開・労組加入社員に対する圧力
  • 「大成建設株式会社・三信建設工業株式会社」月190時間の残業で男性社員が自殺
  • 「大和ハウス工業株式会社」是正勧告を受けてからも時間外労働が改善されず
  • 「ヤマト運輸株式会社」残業代未払いや労使協定以上の残業
これらのノミネートに対して、ユーザーはWebで投票することができる。投票サイトは非常にシンプルで、1社を選択して名前を記入(ニックネームや匿名で可)すれば投票できる。投票受付期間は、11月27日~12月22日。

大賞および各賞の発表は、12月23日の授賞式で発表される。
ブラック企業大賞
URL:http://blackcorpaward.blogspot.jp/
2017/11/28

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース