本格的な毛筆書体「昭和書体」を収録した2種のフォントパッケージが登場

ニュース

本格的な毛筆書体「昭和書体」を収録した2種のフォントパッケージが登場


昭和書体スタンダードパック(左)と昭和書体スーパーセレクトパック(右)

昭和書体スタンダードパック(左)と昭和書体スーパーセレクトパック(右)

株式会社ポータル・アンド・クリエイティブ内でフォントの販売支援や著作権管理活動を行うフォント・アライアンス・ネットワーク事務局は、フォントパッケージ製品「昭和書体スタンダードパック」と「昭和書体スーパーセレクトパック」を発売した。WindowsとMacのハイブリッド版で各1ライセンス付きの仕様で、価格は各1万円(税抜)。いずれも、株式会社昭和書体の協力により、本格的な毛筆書体「昭和書体」の各フォントを収録している。
「昭和書体」は、書家の綱紀栄泉(つなのりえいせん)が書き綴った毛筆諸本をデジタル化した書体だ。毛筆書体独特のかすれやにじみがより忠実に再現されており、“直筆と見分けがつかないほど”の本格的な毛筆書体であることが特徴とされている。
「昭和書体スタンダードパック」は、基本書体シリーズ15書体、欧文フォントシリーズ114書体、特典としての「昭和書体高解像度書体」2書体(豪龍 / 如来)を収録。「昭和書体スーパーセレクトパック」は、「昭和書体」の全45書体のラインナップから、基本書体シリーズ2書体、高解像度書体シリーズ3書体、デザイン書体シリーズ2書体、江戸文字シリーズ2書体を選んで使えるセレクトパックで、特典として「筆書系基本書体」11書体を収録している。
フォント・アライアンス・ネットワーク事務局
(株式会社ポータル・アンド・クリエイティブ内)
価格:各1万円(税抜)
URL:http://www.fontalliance.com/
2018/03/26

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース