iPhone7/7PlusのiOS11.3アプデで重大なマイクへの不具合。Appleは無料修理も考慮

ニュース

iPhone7/7PlusのiOS11.3アプデで重大なマイクへの不具合。Appleは無料修理も考慮


iPhone7/7Plus

iPhone7/7Plus

iPhone7とiPhone7Plusについて、iOS11.3にアップデートするとマイクが使えなくなるというバグが発生している模様だ。
米メディアMacRumorsは、Appleが正規のサービスプロバイダに配布した内部書類を入手。それによると、バグの影響で通話中にスピーカーボタンが灰色になり、操作できなくなるとされている。また、電話の通話中やFaceTimeの最中には、音声が聞こえなくなるという現象も確認されているそう。
image

image

バグの解消方法として、AppleはiPhoneに接続しているBluetoothヘッドセットやオーディオアクセサリを取り外し、iPhoneを再起動して不具合が解消できるかどうか試すように指示している。

それでも問題が解決されない場合は、修理の対象となる。保証期間の対象外であっても例外として修理が認められ、費用は無料になる可能性もあるとしている。

本バグに関しては、ごく一部のiPhone7/7Plusユーザーに認められるものであるが、iOS11.3のリリースから1ヶ月と少しという期間で、Web上に複数の苦情が散見される状態となっている。

Appleでは、マイクの無効問題がiOS11.3によるものなのか、ソフトウェア更新でハードウェアに悪影響を与えてしまっているのか、原因を探っている状態。

マイク不具合の現象が確認されたら、まずはアップル正規サービスプロバイダかApple Storeに問合せして欲しい。

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース