東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)は11月6日、駅構内のワークスペースとして、ブース型オフィスを設置すると発表した。11月28日より、東京駅・新宿駅・品川駅にて、「STATION WORK」の実証実験として行う。各駅に4台ずつ、個人と法人向けに提供。
同社では、駅ナカなどを活用したシェアオフィス事業として「STATION WORK」というサービス展開を予定している。ブース型「STATION BOOTH(business/personal) 」、コワーキング型「STATION DESK」、個室型「STATION OFFICE」の3種類のサービスを提供。事業展開は、2019年度上期としており、今回は実証実験として、ブース型のオフィスを設置する。

「STATION BOOTH」内部(イメージ)

今回設置される「STATION BOOTH(business/ personal)」は、個人と法人で利用方法が異なる。個人の場合は、専用サイトから登録を行うが、法人は法人契約を締結することで利用アカウントが付与される。利用手順は、専用サイトで予約を行い、現地でQEコードを読み取り、入室する。予約終了時間までに退出するというもの。個人と法人いずれの場合でも、利用手順に違いはない。1日1アカウントで30分の利用上限となっているが、利用料は無料。本実験は、2019年2月20日まで行われる。
専用サイト:https://www.stationwork.jp/

東日本旅客鉄道株式会社
URL:http://www.jreast.co.jp/
2018/11/06
MdN DIトップへ