架空の個人情報ソフト「疑似個人情報 ver.2」

ニュース

架空の個人情報ソフト「疑似個人情報 ver.2」


架空の個人情報ソフト「疑似個人情報 ver.2」を発売開始

 

People to People Communicationsは、統計データを基に生成した架空の個人情報ソフト「疑似個人情報」に、新たに架空のクレジットカード番号・銀行口座番号を追加した「疑似個人情報 ver.2」を発売した。疑似個人情報販売サイトにて販売中。

 

疑似個人情報は、住所・氏名・生年月日などを、統計データを基に生成した、非常に現実味のある架空の個人情報。本物の個人情報と区別することができない特徴を生かし、個人情報の漏えいが懸念されるシステムのテストデータやダミーデータとして使用できる。

 

また、生成されるクレジットカード番号は、カード番号が正しいかをチェックするための数字「チェックディジット」が誤っている番号となっており、実際のクレジットカードとして使用できないほか、銀行口座番号は存在しない銀行の番号を利用しているため、擬似個人情報が流出しても被害が発生することはない。

 

疑似個人情報 ver.2
価格:30,000円(疑似個人情報10万件あたり)
問い合わせ:お問い合わせメール contact@ptpc.co.jp
URL:http://www.ptpc.co.jp/

 

2009/02/18

▷こんな記事も読まれています

Recommended by
twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース