MdNの印刷通販比較サイト 印刷通販サービスの押さえどころ、使いどころ

MdNの印刷通販比較サイト

  • graphic
  • alpus
  • Printnet
  • プリントパック

ユーザー目線で気になることをまとめました

印刷通販サービスの押さえどころ、使いどころ

デザインワークの一環として、名刺やフライヤー、ポスターなどを制作する際に気になるのは、やはり「コスト」と「品質」、そして「納品までの期間」といったところでしょう。そういった中でぜひ活用してみたいのが「印刷通販サービス」です。ここでは、手軽で品質の高い印刷物を制作できるネット印刷通販のメリットを踏まえながら、サービスを利用するときに知っておきたいポイントを詳しく紹介していきましょう。

文:山口 優/月刊MdN2011年5月号(Vol.205)第2特集をもとに再構成されています

CONTENTS
  • STEP3

    印刷通販サービスの押さえどころ4
    多彩なメディアへの特殊印刷や加工に対応しているかどうか

     メタリックカラーの印刷や箔押しなどを行って、個性的な印刷物を制作したいと思うデザイナーもいるだろう。印刷通販サービス会社の中には、そういった高度な印刷を行ってくれるところもある。さらには、ふさふさした布の風合いを再現することができるフロッキー印刷や、Tシャツやマグカップといった紙以外のメディアへの印刷のほか、型押しやPP加工などに対応している会社も存在する。印刷通販サービスで、特殊印刷や加工を行った印刷物をつくれるのは大きなメリットだろう。ただし、このような印刷は会社によって料金や納品期間が大きく異なるため、特殊印刷や加工への対応の有無と費用を事前に調べておこう。

    クリアファイルに画面フルカラー印刷が行える

     「イーネットプリント」では、両面フルカラーで美しく仕上がる、クリアファイル印刷が行える

    Tシャツやマグカップなどのオリジナルグッズ制作が可能

     「印刷の通販 グラフィック」では、Tシャツやマグカップのほか、コースター、トートバッグなど、紙以外のメディアに印刷できる

     「印刷の通販 グラフィック」では、卓上カレンダーや卓上に設置できるミニのぼりのほか、POP、タペストリーなど、プロモーションツールの制作も可能

    印刷通販サービスの押さえどころ5
    印刷物に使いたい用紙を選べるのか

     印刷物を制作するにあたって、用紙にこだわりたいクリエイターは多いだろう。印刷に向く用紙は、コート紙やマット紙、上質紙などさまざまな種類があるが、会社によって利用用途に適した用紙をいろいろと選択できるところもある。なかには、アラベールやヴァンヌーボ、ハイマッキンレーなどのブランド用紙も取り扱っている。また、「カード印刷で使用できる用紙」といった具合にWebサイトで商品別の用紙一覧を掲載していたり、用紙サンプルを郵送してくれるところもあるので、事前にチェックしておきたい。

    多彩な印刷用紙の中から使いたいものを選べる

     会社によって取り扱っている用紙は異なるが、基本的にWebサイトなどで確認できる。「印刷の通販 グラフィック」では、「店長日記」というブログがあり、同社が扱っている用紙について詳しい解説が公開されている

    印刷通販サービスの押さえどころ6
    見積もり金額をすぐに確認できるのかどうか

     印刷物を制作する際、コスト管理は非常に大切になる。特に予算が限られているときは、最終的に印刷にかかるコストがどのくらいになるかを、早めに把握しておきたい。そんなときは、各社が実施している見積もりサービスを利用すると便利だ。会社によってはWebサイト上で商品カテゴリや用紙の種類、納期、部数などを選択していくだけで自動的に見積書が作成され、PDFデータとしてダウンロードできるところもある。見積もり金額がわかれば、安心してサービスを利用できるだろう。

    Web上で見積もり金額をすばやく確認できる

     印刷物の制作にかかる費用は必ず事前にチェックしておきたいものだ。「ユアプレス」は、サイト上に掲載していない仕様の印刷物に関しても見積書の作成を行っている。見積依頼フォームに入力すれば簡単に見積書を作成し、PDFデータのダウンロードができる (←画像をクリックすると拡大します)

    仕上がりイメージを実感できるサンプルセットやカラーチャート、
    部数に応じた料金設定がわかるカタログなど各社さまざまな資料を用意しています。

MdNの印刷通販比較サイトについて印刷通販TOPに戻る