ロール紙(巻き取り紙) | MdNのネット印刷比較サイト/用語辞典 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

ロール紙(巻き取り紙) | MdNのネット印刷比較サイト/用語辞典

2019.10.15 TUE

ネット印刷発注用語辞典

用語一覧に戻る

ろーるし

ロール紙(巻き取り紙) 

ロール紙(巻き取り紙)は1枚の紙がロール状に巻かれた印刷用紙のこと。巻き取り紙ともいう。オフセット印刷では、大量部数の印刷に向くオフセット輪転印刷機で使用される。ロール紙1本で印刷できる部数は、印刷物の種類や印刷設備によるが、おおよそ数万部程度。新聞印刷など数十万部を一気に刷る場合は、印刷機を止めずにロール紙をつなげて交換する「紙継ぎ」が行える機械を用いることもある。ロール紙に対し、一定の大きさに断裁された印刷用紙を「枚葉紙」という。

  • 画像:ロール紙(巻き取り紙)
    画像提供:ウエーブ
  • ※画像をクリックすると拡大します。

調べたい単語の頭文字を選びクリックしてください。

  • graphic
  • alpus
  • プリントパック

PRINTING NEWS

一覧を見る

アクセスランキング

10.07-10.13

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在