塗り足し | MdNのネット印刷比較サイト/用語辞典 | デザインってオモシロイ -MdN Design Interactive-

ネット印刷発注用語辞典

用語一覧に戻る

ぬりたし

塗り足し 

塗り足しとは仕上がり寸法よりはみ出した画線部のことで、断裁時に切り落とされる部分のこと。オフセット印刷では印刷してから天地左右を断裁して仕上げるのが一般的。万一断裁部分がズレても紙色が出ないよう、仕上がり寸法より3mm程度塗り足しを作成しておくのが基本である。「ドブ」や「裁ち落とし」とも呼ばれる。

  • 画像:塗り足し
  • ※画像をクリックすると拡大します。

調べたい単語の頭文字を選びクリックしてください。

  • graphic
  • alpus
  • プリントパック

PRINTING NEWS

一覧を見る

アクセスランキング

9.10-9.16

MdN BOOKS|デザインの本

Pick upコンテンツ

現在