デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

第2回 クライアントとのより良い関係を導くディレクション手法




第2回 クライアントとのより良い関係を導くディレクション手法

Webディレクターにとって、クライアントと制作側の間に立ち、双方をつなぐ懸け橋となることはもっとも大切な役割のひとつだ。今回は、おもにクライアントの要望を引き出し、よりスムーズに、より良いWebサイトへ導いていくためのディレクションの実践法を紹介する。

文=田口真行((株)デスクトップワークス)
  Keyword 今回のキーワード
隠れた要望やイメージを“引き出す”ヒアリング
ヒアリングは段階を踏むことでより効率的に行える
クレームに強いWebディレクターになる!
プロジェクトフローの共有でWeb制作をよりスムーズに


Phase 1 ヒアリングはただ“聞くこと”ではない

Phase 2 段階別のヒアリングポイント

Phase 3 クレームをチャンスに変える技術

Phase 4 サイト制作を円滑にするプロジェクトフロー

文=田口真行((株)デスクトップワークス)
独学でWebデザインを始めて1999年独立。全国のデザイナーやプログラマーと連携して、企業Webサイトの企画・制作全般のプロデュースを行う。2006年に(株)デスクトップワークスを設立。
URL d-w.jp/



本記事は『web creators』2009年7月号(vol.91)からの転載です。
この特集のすべての記事は誌面で読むことができます。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS