デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」にかな書体やタイプバンク書体を追加

ニュース

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」にかな書体やタイプバンク書体を追加


モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」にかな書体やタイプバンク書体を追加

「TypeSquare」
「TypeSquare」

株式会社モリサワは、2015年12月7日(月)より、Webフォントサービス「TypeSquare」に新たな書体を追加した。今回追加された書体は、モリサワフォントのかな書体(42書体)やタイプバンクフォント(18書体)で計60種。Web上における一層のバリエーションに富んだ書体の利用が可能となっている。

「TypeSquare」は、インターネットを介してフォントを配信するサービス。閲覧側のパソコンやモバイル端末に指定されたフォントがインストールされていなくても、制作側の意図した書体を表示させることができる。今回ラインナップに追加された書体の詳細な内訳は、モリサワのかなデザイン書体が、ハッピーN、わんぱくゴシックN、タイプラボN、墨東N、ゼンゴNで各7ウェイト。タイブパンクフォントが、TB横太明朝 M、TBゴシック SL/M、TB丸ゴシック DB、TBシネマ丸ゴシック M、TBちび丸ゴシックPlusK R/DB/H、漢字タイポス 45/48/410/412/415、TBカリグラゴシック R/E、サンM、TB新聞明朝 L、TB新聞ゴシック Mとなっている。

なお、かな書体には、平仮名/片仮名およびそれに準ずる文字など184文字を収録。漢字/英数字/記号は含まれない書体であるため注意が必要とされる。CSSで混植の見映えを実現するために書体を指定する際には、指定書体の最初に「かな書体」、次に「漢字書体」を指定。「かな書体」のみを記述した場合には、漢字など書体に含まれない字種の部分のみがデフォルトの書体として扱われる。


【新書体の内容】

サンプル
サンプル

*一部、記事内容を追加しました

株式会社モリサワ
URL:http://www.morisawa.co.jp/
2015/12/08

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース