デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

ついにフェイスブックで「悲しいね」が可能に、新機能「リアクション」登場

ニュース

ついにフェイスブックで「悲しいね」が可能に、新機能「リアクション」登場

ついにフェイスブックで「悲しいね」が可能に、新機能「リアクション」登場

「悲しいね」ボタン
「悲しいね」ボタン

フェイスブックは14日、最高製品責任者のクリス・コックスが2016年の製品展望と新機能についての発表を行った。

新機能の「リアクション」では、ニュースフィード上に表示されている友達やFacebookページからの投稿に対し、これまでは「いいね!」だけだったのが、「超いいね!」「うけるね」「すごいね」「悲しいね」「ひどいね」が加わり、選択肢が6つになった。デスクトップでの使用方法は、これまで「いいね!」をしていたボタンにマウスオーバーすると、6つの選択肢がポップアップされるので、選択すればOK。携帯端末では、「いいね!」ボタンを長押しとなる。

デスクトップ版の「リアクション」
デスクトップ版の「リアクション」

これらの「リアクション」は既にアイルランドとスペインなどでテスト導入されていて、テスト版では「いいね!」(Like)、「愛してる」(Love)、「うけるね」(Haha)、「イェイ!」(Yay)、「ワォ!」(Wow)、「悲しいね」(Sad)、「頭きた」(Angry)の7パターンが用意されていた。これまでさかんに噂されてきた「よくないね」(dislike)ボタンは今回も導入されていないが、「悲しいね」「ひどいね」で十分代用可能になっている。

リアクションのテスト版
リアクションのテスト版

また、アプリ内のニュースフィードでWeb記事を素早くインタラクティブに表示できる「インスタント記事(Instant Articles)」の導入も発表されている。テスト版には、「朝日新聞社」「産経デジタル」「東洋経済新報社」「日本経済新聞社」「毎日新聞社」「読売新聞東京本社」が参加する。

発表資料
URL:http://bit.ly/1RmSb3Q
2016/01/14

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース