デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

エプソン、スマートグラス「MOVERIO」の第3世代モデルで“スクリーン感”を意識させない映像を実現

ニュース

エプソン、スマートグラス「MOVERIO」の第3世代モデルで“スクリーン感”を意識させない映像を実現

エプソン、スマートグラス「MOVERIO」の第3世代モデルで“スクリーン感”を意識させない映像を実現

MOVERIO「BT-300」
MOVERIO「BT-300」

セイコーエプソン株式会社は、スマートグラス「MOVERIO」の新モデルとして、2016年秋に「BT-300」を商品化する予定であることを発表した。「MOVERIO」は、2011年11月に「BT-100」、2014年6月に「BT-200」、2015年9月に業務用途向けの「BT-2000」と進化を遂げてきたウエアラブル情報機器。今回発表された「BT-300」には、第3世代にあたる新プラットフォームが採用されている。

「BT-300」では、「MOVERIO」シリーズとしては初めて、高額エンジンにシリコンOLED(有機EL)ディスプレイが採用された。このOLEDディスプレイの高輝度 / 高コントラストの特徴を生かし、従来品にはなかった“スクリーン感”を意識させない映像表現を実現。一例として、「BT-200」では現実の風景内にスクリーンが配置されてそこに映像 / 情報が表示されていたシーンで、「BT-200」では現実の風景内に直接的に映像 / 情報のみが表示されるような視野イメージを紹介している。

また、OLEDディスプレイをスマートグラス専用に最適化したことで、光学レンズが小型化され、「BT-200」から約20%のヘッドセット重量の削減も実現された。なお、今回発表された「BT-300」でも、全モデルと同様に開発者向けのSDKを提供する「MOVERIO Developer Site」や、アプリ専用のダウンロードサイト「MOVERIO Apps Market」が用意される。現在予定されている仕様では、CPUがAtom 5 1.44GHz(クアッドコア)、ディスプレイ解像度が1280×720pixels、OSがAndroid 5.1で、GPS / 地磁気 / 加速度 / ジャイロセンサーを搭載。IEEE 802.11ac/n/g/b/a準拠のWi-FiやBluetooth Smart Readyにも対応する。

視野イメージの比較。「BT-200」ではスクリーンの中に映像 / 情報が表示される見映えであった
視野イメージの比較。「BT-200」ではスクリーンの中に映像 / 情報が表示される見映えであった

視野イメージの比較。「BT-300」では“スクリーン感”を意識させず、より自然に映像 / 情報が馴染む
視野イメージの比較。「BT-300」では“スクリーン感”を意識させず、より自然に映像 / 情報が馴染む

セイコーエプソン株式会社
URL:http://www.epson.jp/
2016/02/23

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース