デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

リコー、挙動制御と超広角カメラで非GPS環境下のドローンの屋内飛行に成功

ニュース

リコー、挙動制御と超広角カメラで非GPS環境下のドローンの屋内飛行に成功

リコー、挙動制御と超広角カメラで非GPS環境下のドローンの屋内飛行に成功

リコーのドローンイメージ
リコーのドローンイメージ

株式会社リコーは16日、東京大学の研究グループやドローン・インテグレーターのブルーイノベーション株式会社と共同開発した小型無人航空機(ドローン)が、非GPS(全地球測位システム)環境下での室内飛行試験に成功したと発表した。

今回の試験に使われたのは、IMUセンサーと超広角ステレオカメラを搭載したドローン。IMUセンサーは慣性計測装置と呼ばれるもので、加速度計やジャイロなどにより3次元空間での移動を計測するセンサー装置。また、超広角ステレオカメラは、産業用ステレオカメラなどの3Dビジョンセンサーの技術を持つリコーが開発している。

リコーでは、本技術を利用することにより、GPS受信が不安定だったり受信できない環境下でも、橋の下やトンネルの中での精密点検や、施設内・倉庫内の警備などが可能になり、さまざまな作業に大きく貢献できるとしている。

なお、2016年3月24日~26日に開催される「ジャパン・ドローン2016」(幕張メッセ)にて、本システムによるデモ飛行が予定されている。

発表資料
URL:http://bit.ly/1VefgGJ
2016/03/17

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース