デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

【速報】Appleが4インチ回帰の「iPhone SE」発表、スペックは「iPhone 6s」レベルで5万円台

ニュース

【速報】Appleが4インチ回帰の「iPhone SE」発表、スペックは「iPhone 6s」レベルで5万円台


【速報】Appleが4インチ回帰の「iPhone SE」発表、スペックは「iPhone 6s」レベルで5万円台

スペシャルイベント「Let us loop you in」で発表されたiPhone SE
スペシャルイベント「Let us loop you in」で発表されたiPhone SE

Appleは3月21日(米国時間)、スペシャルイベント「Let us loop you in」を開催した。事前の情報では、「iPhone 6/6 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」と、ディスプレイサイズが拡大化してきたiPhoneを「iPhone 5s」と同じサイズの4インチに戻す「iPhone SE」、そして9.7インチサイズで4スピーカー・LEDフラッシュ搭載の「iPad Pro」が登場するとされ、大きな話題となっていた。また、Apple対FBIという構図になっている、“iPhoneのロック解除問題”に関しても大々的にAppleの主張をアピールするのではと報じられてきた。

プレスに向けた招待状には「Let us loop you in」のタイトルが
プレスに向けた招待状には「Let us loop you in」のタイトルが

なお、発表会に先んじてAppleのオンラインストアは新製品をラインナップに加えるために一時閉店。ストアのトップページには日本語で「新しい品ぞろえをお見せするのが楽しみです。」、英語で「We can't wait to show you what we have in store.」、他にも中国語や韓国語、ドイツ語、スペイン語など、世界各国の言葉で新デバイスが登場することを“予告していた。”

新製品登場を告げるオンラインストアのトップページ
新製品登場を告げるオンラインストアのトップページ

そのような事前情報で否応なしに期待が高まり、経済や政治、テクノロジー系など、世界中の注目が集まる中、カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの本社キャンパスでイベントはスタートした。

最初に登場したのは、アップルの最高経営責任者(CEO)であるティム・クック(Tim Cook)。いつものようにシックでラフないでたちで登壇し、いきなり「ユーザーのデータを保護することに責任を持っている」と、FBIをけん制する言葉で発表会は開幕する。それから、2016年4月1日にAppleが40周年を迎えることについて言及した。

そして、Appleが取り組む環境・医療分野についてのそれぞれの担当を呼び込み、Appleの方針・これまでの業績などについてアピールが行われた。

登壇したティム・クック
登壇したティム・クック

次にApple Watchの新バンドを紹介。ナイロンバンドの新色が登場し、299ドルに値下げされることが発表された。

また、Apple TVについては、tvOSのSiriが進化したと紹介される。

Apple Watch
Apple Watch

そしていよいよ「iPhone SE」が登場となった。まずはなぜ4インチ回帰になったのかという説明が始まる。2015年にAppleは4インチのiPhoneを300万台販売したと発表。多くのユーザーが4インチバージョンに対しての需要を持っていると判断したとしている。

iPhone SE カラーはシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールド
iPhone SE
カラーはシルバー/ゴールド/スペースグレイ/ローズゴールド

プロセッサは「iPhone 6s」と同じ64bitA9チップを搭載、これは「iPhone 5s」と比べて2倍の能力を発揮する。また、加速度センサーやジャイロスコープと繋がるM9モーションコプロセッサは、同比3倍となるGPUパフォーマンスを実現している。これにより、Siriの起動がより速くなっている。

A9プロセッサとM9コプロセッサ
A9プロセッサとM9コプロセッサ

カメラは12メガピクセル(1200万画素)。LEDフラッシュや「iPhone 6」から搭載された高速オートフォーカス「Focus Pixel」(フォーカスピクセル)、新しいイメージプロセッサー、4Kビデオ撮影対応などとなっている。撮影の前後の画像・音声を記録し、極短時間動画が楽しめるLive Photosも対応。スローモーション撮影は240fps。

また、ディスプレイ側のインカメラでの撮影時には、ディスプレイが通常時よりも3倍明るいフラッシュを発光し、自撮りがキレイに撮れるとしている。

カメラ
カメラ

通信では最大150Mbpsの高速LTE対応。これは「iPhone 5s」よりも50%速度アップとなっている。また、最大19のLTE周波数帯に応じ、Voice over LTE(VoLTE)によって通話の品質も向上している。

Wi-Fiは「IEEE 802.11ac」で、最大433Mbpsとなり、「iPhone 5s」の3倍速くなっている。

通信関連情報
通信関連情報

ほかには、指紋認証である「Touch ID」やタッチ決済システム「Apple Pay(アップルペイ)」にも対応。

価格はアメリカでは16GBモデルが399ドル(約4万4500円)、日本では同じく16GBモデルが5万2800円(税別)、64GBモデルが6万4800円(税別)となっている。

予約開始は3月24日から、出荷開始は3月31日。

先行してアメリカやカナダ、中国、イギリス、日本など12か国で販売開始となり、最終的に110カ国で発売される。

アメリカでの価格
アメリカでの価格

発表会ストリーミング配信(iOSやMac OSのSafari、Windows10のEdge、Apple TVで視聴可能)
URL:http://www.apple.com/apple-events/march-2016/

Apple オンラインストア
URL:http://www.apple.com/jp/iphone-se/
2016/03/22

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース