デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

Makuake、東芝が手がけるアルコールガジェット「TISPY」の先行予約販売を開始

ニュース

Makuake、東芝が手がけるアルコールガジェット「TISPY」の先行予約販売を開始


Makuake、東芝が手がけるアルコールガジェット「TISPY」の先行予約販売を開始

TISPY
TISPY

株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」は、株式会社東芝と株式会社スタッフによる、利用者の飲み過ぎを防ぐための学習型アルコールガジェットを制作するプロジェクト「アナタの酔いをコントロール。大人の新習慣、学習型アルコールガジェットTISPY(ティスピー)」を開始した。

同製品は、株式会社東芝が展開する無線LAN搭載SDメモリカード「FlashAir」とアルコールセンサーを組み合わせた学習型アルコールガジェット「TISPY」を、開発会社である株式会社スタッフとともに制作するためのプロジェクト。利用者の呼気中のアルコール濃度を測定し、体内のアルコール濃度を測定・データを蓄積することにより、翌日の予定に影響が出るような二日酔いにならないためのアドバイスを知らせてくれる。さらに、「FlashAir」を活用することにより、Webアプリとの連動も行える。

測定を重ねるごとにデータを学習し、個々のユーザー向けにパーソナライズされていくため、「いつもと比べて今日はペースが速い」「そろそろ水を飲んだ方が良い」など、利用者にあわせた最適なアドバイスが表示される。また、従来のアルコールチェッカーとは一線を画す洗練されたデザインも特長となっている。同製品の支援者は、一般販売開始前に特別価格で「TISPY」を入手できる。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース