デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

手軽にHTML5 Webアニメーションを制作できるWindows用ソフト「WebAnimator Plus 2」

ニュース

手軽にHTML5 Webアニメーションを制作できるWindows用ソフト「WebAnimator Plus 2」


「WebAnimator Plus 2」

「WebAnimator Plus 2」

株式会社LODESTAR JAPANは、独soft-evolution社 / 伊INCOMEDIA社が開発する「WebAnimator Plus 2」の日本語版を発売した。コーディングの知識がなく、マウスのみでの操作でも、簡単にHTML5 Webアニメーションを制作できるソフトウェア。制作したアニメーションはインターネット上で公開でき、動きのあるイラストやバナーを作成して既存のWebサイトに組み込むこともできる。対応OSはWindows 10 / 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP。
本ソフトではHTML5での制作を行えるため、Adobe Flash Playerに非対応の環境でも、作成したアニメーションをブラウザでそのまま再生できる。「ライブアニメーション」や「エフェクト」と呼ばれる複数の効果が登録されており、動かしたいオブジェクトに回転や移動などの項目をドラッグ&ドロップすることで、アニメーション効果を追加できる仕様だ。通常時 / クリック時 / マウスオーバー時の3つの状態を指定した動きのあるボタンなども手軽に作成が可能。アニメーションのテンプレートが複数用意されており、それらを活用して画面の指示に沿って操作を進めるだけで、スライドショーなども簡単に制作できる。
アニメーション中のテキストにWebフォント(Google Fonts)を適用できるほか、APIを使用してJavaScriptの関数を書くなどの比較的に高度な活用も可能。1つのアニメーション内に複数のタイムラインを持たせることもでき、マウスクリックや時間経過などの特定のきっかけで「シーン」やタイムラインを切り替えることにより、さらに複雑なアニメーションを実現することもできる。通常版の希望小売価格は1万3000円(税抜)で、対象ソフトからの切り替えでの優待版やアカデミック版(2月下旬発売予定)も用意。さらに発売記念として、2017年3月30日(木)23:59までは、公式Webサイトにて2000円割引キャンペーンも実施されている。
たとえば、オブジェクトは曲線に沿った移動も可能。ハンドルのドラッグで自由に曲線を変更できる。加速 / 減速の度合いの制御などにも対応

たとえば、オブジェクトは曲線に沿った移動も可能。ハンドルのドラッグで自由に曲線を変更できる。加速 / 減速の度合いの制御などにも対応

株式会社LODESTAR JAPAN
希望小売価格(ダウンロード版):
「通常版」1万3000円(税抜)
「優待版」1万1000円(税抜)
「アカデミック版」9800円(税抜)
URL:http://webanimator.jp/
2017/02/14
twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース