デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

最強の将棋AI“ポナンザ”『人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか』

ニュース

開発者・山本一成氏自らが語る、世界一分かりやすいAI解説書

最強の将棋AI“ポナンザ”『人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか』


株式会社ダイヤモンド社は、人工知能の学習手法や本質を分かりやすく説明した『人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質』を5月11日に発売する。四六判/288P/1,500円(税抜)。
本書は、AIの進化に必要不可欠な、機械学習、深層学習、強化学習などの基本技術を分かりやすく説明するとともに、人工知能と人間の本質的な違いを丁寧に解説し、一読すれば人口知能のすべてが驚くほど容易に理解できる解説書だ。

将棋AI“ポナンザ”は、2016年の電王戦で五戦全勝という完全勝利を果たすまで、実に10年という歳月を費やし、様々な発見と躓きを繰り返してきた。本書では、研究の最前線で起こった驚くべき事象や、目からウロコが落ちるような瞬間を、開発者・山本一成氏自身が実感を込めて語っている。

また、将棋だけでなく、チェス、囲碁など他の知的ゲームにおけるAIの学習手法や、Google自動翻訳システムの進化など、他の様々なAIについても、その特徴を紹介。現代の人工知能を深く理解し、これから益々発展していくであろうAI分野の「知能と知性の未来」を見通す上で必読の一冊だ。
出版社:株式会社ダイヤモンド社
価格:1,500円(税抜)
山本 一成 著
URL:https://www.diamond.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478102546/mdndi-22/
2017/05/10
twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース