デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

第12回 ローンチ前とローンチ後から考える修正トラブルの対処法 - 思考するWebディレクション




第12回 ローンチ前とローンチ後から考える
修正トラブルの対処法


Web制作で発生する修正は、ディレクターを悩ませる要因のひとつではないだろうか。今回はWebサイトのローンチ前、ローンチ後における修正の対処方法について説明する。その考え方を理解し、実際の制作現場に生かして、次の企画提案へとつなげてほしい。

文=田口真行((株)デスクトップワークス)
Keyword 今回のキーワード
ローンチ後の更新は
Webメディアならではの対応
ローンチ前からトラブル要因を
想定し、注意深く進行する
ピンチをチャンスに変える要素は
高いモチベーションに含まれる
Webサイトの更新は
半永久的に継続する


Phase 1 Webサイト管理・運用の中で発生する「修正」の認識
Phase 2 ローンチ前の修正依頼の扱い方とトラブルを抑制する考え方
Phase 3 トラブルになりそうな修正依頼はチャンスともいえる
Phase 4 制作現場をポジティブに動かし新しい制作案件へとつなげる

文=田口真行((株)デスクトップワークス)
独学でWebデザインを始めて1999年独立。全国のデザイナーやプログラマーと連携して、企業Webサイトの企画・制 作全般のプロデュースを行う。2009年7月にはWebディレクターの総合ポータルサイト「Webdirection.jp」をオープン。
URL d-w.jp/


本記事は『web creators』2010年5月号(vol.101)からの転載です。

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS