デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

Photoshopの上級者でさえなぜか曖昧な5つの基本機能

 深く、くわしく掘り下げます! 
Photoshopの上級者でさえ
なぜか曖昧な5つの基本機能

Photoshopをそうとう使いこなしている人でも、「実は曖昧に使ってる!」という基本機能は意外に多いのではないでしょうか。Photoshopの初心者、中級者ならなおさらです。そこで今回の特集では、多くのクリエイターが曖昧に使っていそうな、かつ基本的な機能だけを深く掘り下げてみました。「こういったことだったのか!」と目から鱗なトピックが目白押しです。


ベベルとエンボスによる立体表現を熟知する

P026_01-01

>>>1.[ベベルとエンボス]の各設定項目

>>>2.[スタイル]で立体表現の方法を選ぶ

>>>3.[テクニック]でさらに質感の差をつける

>>>4.[ベベルとエンボス]の高さをコントロールする

>>>5.[角度]と[高度]の関係性を理解する

>>>6.ハイライトやシャドウで印象を変える

>>>7.ドロップシャドウの分布でさらに質感を演出








本記事は『MdN』2012年5月号(vol.217)からの転載です。
M217cover

楽天ブックスで買う

そのほかには下記のような記事が掲載されています。
(▼クリックすると画像が大きく表示されます)


特集のすべての記事は誌面でお読みになれます。
月刊『MdN』掲載記事号の情報はこちら!

■そのほかの月刊『MdN』からの転載記事
デザイン演出の引き出しアーカイブ126(『MdN』2012年4月号より)
腕のいいデザイン事務所で修業しないと
ふつうは身につかない 知識と技と心得(『MdN』2012年3月号より)
素材を最大限に活かす デザインアイデア50(『MdN』2012年2月号より)
イラストレーション・メイキング14(『MdN』2012年1月号より)
Illustratorの正しい教科書(『MdN』2011年12月号より)
デザインのアイデア見本帳☆(『MdN』2011年11月号より)

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS