デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

7-(3)カラーパレット

 Technique07 描画の基本 

03 カラーパレット



「描画色」と「背景色」は、イラストを描くときに設定する色のことだ。ここでは描画色と背景色の役割などを見てみよう。

カラーパレットとは

カラーパレットを使い描画色や背景色を設定してみよう。この方法は、RGBカラーやCMYKカラーで数値を入力して設定するものだ。描画色を設定するには、カラーパレットの左上にある描画色ボックスをクリックして数値を入力するか、スライダをドラッグする。背景色を設定するには、同様にパレット左上の背景色ボックスをクリックして設定する。また、カラーパレット下部にあるカラーランプのスペクトル部分をクリックすると、描画色を設定できる。背景色の設定は、同じくoptionキーを押しながらクリックする。
1-描画色
2-背景色
3-スライダ
4-カラーランプ



 point! 
 設定するスライダのカラーモード

カラーパレットのパレットメニューをクリックすると、スライダの表示を変更することができる。[RGBスライダ]を選択すると、R、G、Bのスライダが表示されるので、0から255の数値で設定する。[CMYKスライダ]を選択すると、C、M、Y、Kのスライダが表示されるので、0から100%の数値で設定する。
▲[RGBスライダ]を選択した状態

▲[RGBスライダ]を選択した状態

▲[CMYKスライダ]を選択した状態

▲[CMYKスライダ]を選択した状態


point! 色域外警告

RGBカラーで設定した色が、CMYKカラーに変換したときやプリント時に、正確に表示やプリントできない場合、色域外警告が表示され、その色に最も近い色の候補が表示される。この色の部分や警告アイコンをクリックすると最も近い色に変換される。
◀色域外警告が表示された状態。ここをクリックすると最も近い色に変換される。


 column 
 カラーピッカー


描画色や背景色をもっと自由に直感的に設定するには[カラーピッカー]が便利だ。これは、ツールボックス下部やカラーパレットの描画色ボックスや背景色ボックスをクリックすると表示される。色を設定するには、[カラーピッカー]の中央部にある[H]をクリックし、中央にある[カラースライダ]から設定したい色調を選択してから、左側の[カラーフィールド]で設定したい色の部分をクリックし、[OK]ボタンをクリックする。
1-カラースライダ
2-カラーフィールド


twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS