デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

東芝がPC春モデル7機種14モデルを発売、スマホ連携機能など強化

ニュース

東芝がPC春モデル7機種14モデルを発売、スマホ連携機能など強化


東芝がPC春モデル7機種14モデルを発売、スマホ連携機能など強化

東芝のPC春モデル
東芝のPC春モデル

株式会社東芝は、2016年PC春モデルの新製品として、ノートPC「dynabook T」シリーズ4機種11モデルと、オールインワンデスクトップPC「dynabook D」シリーズ 3機種3モデル、計7機種14モデルを1月22日から順次、発売すると発表した。

今回の新モデルでは、スマートフォン連携と写真・動画編集の使い勝手を向上した。また、スマートフォン連携アプリ「sMedio TrueLink+ Phone」も新たに搭載した。同アプリは、PCにスマートフォンをワイヤレスで簡単に接続することが可能で、PCを使って電話帳の編集やスマートフォン上の写真、音楽、ビデオの閲覧・再生ができる。

また、PC画面上に着信を表示させたり、PCからSMSのメッセージ送受信を行ったりすることもできる。スマートフォンの電話帳にSkypeのIDを登録すれば、ワンクリックでSkypeから直接固定電話や携帯電話に通話できるサービス「Skypeout」を利用して通話も行える。

このほか、写真編集アプリ「CyberLink PhotoDirector 7 for TOSHIBA」や、動画編集アプリ「CyberLink PowerDirector 14 for TOSHIBA」、PCゲーム画面などデスクトップ上の画面を録画できる「CyberLink ScreenRecorder for TOSHIBA」も搭載する。

スタンダードノートPCの15.6型「dynabook T75/U」と「dynabook T55/U」、17.3型「dynabook T67/U」は、第6世代インテルCoreプロセッサーを搭載する。「dynabook T67/U」では、内蔵光学式ドライブが従来モデル「dynabookT67/T」のDVDスーパーマルチドライブからブルーレイディスクドライブへと変更された。

21.5型オールインワンデスクトップ「dynabook D」シリーズは、コンテンツ保護技術「SeeQVault」に対応し、「SeeQVault」対応「レグザブルーレイ」や「レグザサーバー」で録画したハイビジョン映像を「SeeQVault」対応microSDメモリカードにダビングしてPCで楽しめる。さらに、「dynabook D71/U」と「dynabook D51/U」に搭載した「Station TV X for TOSHIBA」では、PCに録画したTV番組を「SeeQVault」対応のmicroSDメモリカードや外付けHDDへダビングすることもできる。

株式会社東芝
価格:オープン
URL:http://dynabook.com/pcs/press-release/20160119.html
2016/01/20

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース