デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

近い将来「目が盗まれる」かも、DARPAが「脳インターフェイス」を開発

ニュース

近い将来「目が盗まれる」かも、DARPAが「脳インターフェイス」を開発


近い将来「目が盗まれる」かも、DARPAが「脳インターフェイス」を開発

「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」の一場面 ©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会
「攻殻機動隊 Stand Alone Complex」の一場面
©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

アメリカ国防総省の軍事技術開発期間である国防高等研究計画局(DARPA)は19日(米国時間)、100万のニューロンと接続できる「脳インターフェイス」を開発していると発表した。

本発表によると、DARPAは人間の脳に1㎤以下のデバイスを埋め込み、人間の脳とデジタルの世界を繋ぎ、電気的な言語やデジタル信号などのデータのやりとりを円滑にするとしている。

このプログラムは「ニューラル・エンジニアリング・システム・デザイン(Neural Engineering System Design[NESD])の一プロジェクトとされ、脳の特定の領域で100万の神経細胞と個別に通信し、脳に高解像度のデジタル聴覚や視覚情報を供給することで、目や耳の不自由な人を助けることが可能になるとしている。

脳にマシンを埋め込むという発想は、アニメ「攻殻機動隊」の電脳化を思わせる。アニメでは脳がハッキングされてウィルスに感染させられたり、視覚を奪われたりしていた。なお、発表ではデバイスの危険性については言及されていない。

DARPAの発表
DARPAの発表

発表資料
URL:http://www.darpa.mil/news-events/2015-01-19
2016/01/22

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース