デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

Google自動運転車が砂袋回避で初の接触事故、左フェンダーや前輪などを破損

ニュース

Google自動運転車が砂袋回避で初の接触事故、左フェンダーや前輪などを破損

Google自動運転車が砂袋回避で初の接触事故、左フェンダーや前輪などを破損

事故を起こした「Lexus RX450h」と同型
事故を起こした「Lexus RX450h」と同型

米Googleの自動運転車プロジェクト「Google X」は、同プロジェクトの自動運転車が初めて交通事故を起こしたことを認めている。これまで自動運転車は、10回以上のもらい事故にあい、後方から衝突された際には搭乗していた社員が軽く負傷する事故も発生している。しかし、今回2月14日に発生した事故は、Googleカーの方に責任があり、相手の車にダメージを与えてしまうという初のケースとなっている。

過去に発生した追突事故の再現動画より
過去に発生した追突事故の再現動画より

カリフォルニア州陸運局・Department of Motor Vehicles(DMV)の書類で明らかになったのは、事故の内容。自動運転車が前方にある砂袋を避けようと左へ車線変更したところ、後ろから来たバスと接触している。

当時自動運転車は2mph(時速約3km)、バスは15mph(時速約24km)で走行していた。自動運転車に乗っていたGoogleのドライバーは、「ミラーでバスは確認していたが、止まるか減速するかでGoogleAVを先に行かせてくれると思った」と証言している。自動運転車のAIの判断も同じで、人間の事故でもよくある「だろう運転」を奇しくもAIが実行してしまった形だ。

自動運転車は左フェンダーと前輪、センサーの一つにダメージを受けた。バス側の損傷については明らかになっていない。今回の接触事故で怪我人はなく、既にGoogleはソフトを改良し、今後もテストを続けていくとしている。

発表資料
URL:http://bit.ly/21wJCco
2016/03/01

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース