デザインとグラフィックの総合情報サイト
[エムディエヌ・デザイン・インタラクティブ]

家事の時給は「育児・世話」1109円〜、「お買い物」804円など。ソニー生命調べ

ニュース

家事の時給は「育児・世話」1109円〜、「お買い物」804円など。ソニー生命調べ


家事の時給は「育児・世話」1109円〜、「お買い物」804円など。ソニー生命調べ

「毎日の家事や地域での貢献を時給に換算するといくらになると思うか」
「毎日の家事や地域での貢献を時給に換算するといくらになると思うか」

ソニー生命保険株式会社は17日、第三回「女性の活躍に関する調査」を行い、結果を公開した。調査は2016年2月5日~2月6日の2日間、全国の20~69歳の女性(1000名)を対象にインターネットリサーチで実施されている。

「毎日の家事や地域での貢献を時給に換算するといくらになると思うか」という設問では、「(未就学児の)育児・世話」が1315円でトップ。次いで「(小学生以上の子どもの)育児・世話」が1109円で続き、「育児・世話」に対して高い労働対価を感じていることがわかった。また、他の「食事の準備・後片付け」「掃除・洗濯」「お買い物」「地域社会での貢献」は、これまでの調査で初めて前年比マイナスとなり、それもまた「育児・世話」の負担が大きくなっている現状が推測される結果になった。

また、4月から施行される「女性活躍推進法」に絡み、シチュエーションごとに「日本では女性がどの程度“イキイキ”と活躍していると思うか」と質問したところ、「家庭」42.6%、「職場」37.2%、「地域社会」33.4%、「ネットコミュニティ」35.2%という結果になり、どの場面でも50%を超えることがなかった。

「日本では女性がどの程度“イキイキ”と活躍していると思うか」
「日本では女性がどの程度“イキイキ”と活躍していると思うか」

ほかには、有職女性(460名)を対象に「生活や仕事に関する内容を提示し、そう思うか、思わないか」と聞くと、ほぼ半数が“現在の生活に満足している”と応えたものの、約70%が“女性が社会で働くには、不利な点が多い”と回答しており。その辺りがイキイキを感じない事にも繋がっていると見られる。

「生活や仕事に関する内容を提示し、そう思うか、思わないか」
「生活や仕事に関する内容を提示し、そう思うか、思わないか」

調査では、さらに「専業主婦になりたいと思う理由」(対象:専業主婦願望がある有職女性)や「生活や仕事に関する内容について、そう思うか、思わないか」、「専業主婦が外に働きに行きたいと思う理由」など、様々な角度から「女性の活躍に関する調査」を実施、全内容は以下のURLから見ることができる。

発表資料
URL:http://www.sonylife.co.jp/company/news/27/nr_160317.html
2016/03/17

twitter facebook google+ このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース