2-(4)クイックマスク

 Technique02 選択範囲の基本 

04 クイックマスク



選択範囲の形状を微調整するのに力を発揮するのがクイックマスクだ。選択範囲を「塗り」の状態で表示することで、選択範囲の細部を描いたり消したりと直感的に調整することができる。

クイックマスクの仕組み


クイックマスクモードでは、アルファチャンネルを一時的に利用して選択範囲を塗りつぶした範囲で表示する。こうして表示した選択範囲を、ブラシツールや消しゴムツールを使い形状を調整できるのが大きなメリットだ。ただし、選択範囲がアルファチャンネルに保存されるわけではないので、いったん選択を解除すると編集した選択範囲は失われるので注意しよう。

▲長方形選択ツールで作成した選択範囲をクイックマスクモードで表示したところ。ブラシツールで範囲を足したり、フィルタを適用したりできる。

クイックマスクで選択範囲を作成


クイックマスクモードで選択範囲を作成してみよう。ここでは画像の花の選択範囲を大まかに作成し、クイックマスクモードできれいに整える。
1.なげなわツールなどで花の選択範囲を大まかに作成し、ツールボックスの[クイックマスクモードで編集]をクリックして画面をクイックマスクモードに切り替える。赤く塗りつぶされた部分が選択範囲だ。

2.消しゴムツールを使って不要な部分を消去する。消しすぎた部分はブラシツールで修正しよう。花の部分をきれいに塗りつぶすことができたら、ツールボックスの[画像描画モードで編集]をクリックして表示を戻す。すると花の部分の選択範囲が作成される。選択を解除しない限り、モードを切り替えれば何度でも微調整が可能だ。


 column 
 クイックマスクモードの表示を変更する


選択範囲の表示色や着色表示のルールは、ツールボックスの[クイックマスクモードで編集]をダブルクリックすると表示されるクイックマスクオプションでカスタマイズできる。編集する画像の内容に合わせ、作業しやすいようにあらかじめ調節しておくとよいだろう。

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

▷こんな記事も読まれています

Recommended by