「第12回全日本中学高校Webコンテスト」の受賞作品が発表

ニュース

「第12回全日本中学高校Webコンテスト」の受賞作品が発表


「第12回全日本中学高校Webコンテスト」の受賞作品が発表


特定非営利活動法人 学校インターネット教育推進協会(JAPIAS:ジャピアス)が主催する「第12回全日本中学高校Webコンテスト ThinkQuest JAPAN(シンククエスト ジャパン)」の受賞作品が決定し、27日に開催された授賞式で受賞作の発表が行われた。審査の結果、香川県さぬき市立大川第一中学校の坂東拓人くん、久米川正樹くん、頼富光平くんの3名が制作した「ドロップ先生の水講座」が最優秀賞 文部科学大臣賞を受賞した。

同コンテストは中高生が3~6人でチームを組み、チームごとに興味のあるテーマでWeb作品を制作して競い合うもの。12回目の開催となる今回は全国から328チーム(1,268人)の応募があった。最終選考には16チームが選出され、ファイナリスト各チームによるプレゼンテーションのあと、最終選考会によって受賞作品が決定した。最優秀賞のほか、「中学生の部」、「高校生の部」からそれぞれ、プラチナ賞、金賞、銀賞などが選ばれた。

受賞作の作品名・URLなどは下記で確認できる。
http://www.thinkquest.jp/news/tq_rel100227.html


「ドロップ先生の水講座」
最優秀賞 文部科学大臣賞を受賞した「ドロップ先生の水講座」。イメージキャラクターの「ドロップ先生」といっしょに、水についての知識や水の大切さを学習できる
http://dropwater.jp/


第12回全日本中学高校Webコンテスト ThinkQuest JAPAN
URL: http://www.japias.jp/


2010/03/01

▷こんな記事も読まれています

twitter facebook このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS

関連ニュース